目的ナビゲーション閉じる

小学校・中学校

今日の給食

写真付きで、毎日の給食を紹介しています。

7月31日(金曜日)  1学期最後の給食です。

20200731

メニュー

  • ハヤシライス
  • ツナと野菜の炒め物
  • 豆乳パンナコッタ
  • 牛乳

 食材の産地

  • 米(山武市)
  • じゃがいも(千葉県)
  • キャベツ(群馬県)
  • 人参(青森県)
  • ピーマン(茨城県)

献立表・レシピ集・前月以前の給食へのリンクに移動する

7月30日(木曜日)

20200730

メニュー

  • ごはん
  • あじフライ(ソース)
  • グリーンスパゲッティ
  • 豚汁
  • 牛乳

 食材の産地

  • 米(山武市)
  • 長ねぎ(山武市)
  • キャベツ(銚子市)
  • 人参(青森県)
  • 玉ねぎ(和歌山県)
  • ごぼう(群馬県)
  • 大根(青森県)

献立表・レシピ集・前月以前の給食へのリンクに移動する

7月29日(水曜日)

20200729

メニュー

  • ミルクロールパン
  • チーズオムレツ
  • ベーコンと野菜の炒め物
  • ミネストローネ
  • ひとくちリンゴゼリー
  • 牛乳

 食材の産地

  • キャベツ(群馬県)
  • じゃがいも(千葉県)

給食メモ

 今日は、ミネストローネのお話しです。ミネストローネはイタリアの代表的なスープです。具だくさんなのが特徴です。スープの色はトマトとトマトケチャップの色です。少し意外ですが、トマトにはグルタミン酸がたっぷり含まれています。グルタミン酸は、私たち日本人がなじんできた昆布に含まれるうま味のもとです。日本のだしは、昆布のグルタミン酸とカツオのイノシン酸による相乗効果を利用したものが代表的です。これに匹敵するといってもよいのがトマトソースです。肉や魚をトマトソースといっしょに煮込むとおいしい料理ができあがります。日本には、おふくろの味といえば、みそ汁があげられますが、イタリアではトマトソースがおふくろの味として、各家庭の味を伝える万能ソースになっています。

 地中海に突き出た長靴のような形をしたイタリアの国土、まぶしい太陽が照りつけオリーブやレモンが実るイタリアを思い今日は、ミネストローネを食べてください。スープは野菜のビタミンやミネラルがたっぷり溶け出ています。夏バテ予防に残さずしっかり食べてください。


献立表・レシピ集・前月以前の給食へのリンクに移動する

7月28日(火曜日)

20200728

メニュー

  • セルフ豚丼
  • かぼちゃ入りかき揚げ
  • 冷凍みかん
  • 牛乳

 食材の産地

  • 米(山武市)
  • 人参(青森県)
  • 玉ねぎ(和歌山県)

献立表・レシピ集・前月以前の給食へのリンクに移動する

7月27日(月曜日)

20200727

メニュー

  • ごはん
  • 野菜コロッケ
  • ぶたキムチ炒め
  • 青菜汁
  • 牛乳

 食材の産地

  • 米(山武市)
  • にら(山武市)
  • もやし(大網白里市)
  • 人参(青森県)
  • 玉ねぎ(和歌山県)
  • チンゲンサイ(茨城県)

献立表・レシピ集・前月以前の給食へのリンクに移動する

7月22日(水曜日)

20200722

メニュー

  • ジャージャーライス
  • にんじんシュウマイ
  • ほうれんそうシュウマイ
  • ブロッコリーサラダ(ドレッシング)
  • 牛乳

 食材の産地

  • 米(山武市)
  • 人参(青森県)
  • 玉ねぎ(富山県)
  • 長ねぎ(山武市)

給食メモ

 みなさん、ジャージャーライスはいかがですか。

 ジャージャー麺の麺の代わりに、ごはんにジャージャーソースをかけて食べてみてください。ちなみにジャージャー麺は、中国料理で、豆板醤やテンメンジャンを入れて作る肉みそをのせた汁なしのそばです。

 さて、今日はごはんのお話しです。みなさんは、ごはんを1人分残さずしっかり食べていますか。私たち日本人の主食は、ごはんです。ごはんは私たちの体のエネルギー源です。熱や力のもとになります。

 ごはんを食べると、口から出るだ液と混じります。だ液の中には澱粉を分解するアミラーゼという酵素が含まれています。ごはんをよくかんで食べると甘く感じてきます。これは、ごはんの澱粉が分解され、麦芽糖に変わっていくためです。そして、だ液とまじりあって、分解された澱粉は食道に流れ、ゆっくりと胃に運ばれていって、ブドウ糖となって体の中に吸収されていきます。このゆっくり分解、吸収されることが生活習慣病を予防するために、体にはとても大事なことです。

 給食のごはんは、1食分を残さずよくかんでいただきましょう。


献立表・レシピ集・前月以前の給食へのリンクに移動する

7月21日(火曜日)

20200721

メニュー

  • 麦ごはん
  • はんぺんチーズフライ
  • ひじきの煮物
  • なめこのみそ汁
  • 水まんじゅう
  • 牛乳

 食材の産地

  • 米(山武市)
  • 人参(青森県)
  • 玉ねぎ(千葉県)
  • 大根(青森県)

献立表・レシピ集・前月以前の給食へのリンクに移動する

7月20日(月曜日)

20200720

メニュー

  • ごはん
  • 焼き餃子(小学校1個、中学校2個)
  • チンジャオロースー
  • 玉子スープ
  • 牛乳

 食材の産地

  • 米(山武市)
  • にら(山武市)
  • 人参(青森県)
  • ピーマン(茨城県)
  • 玉ねぎ(千葉県)

給食メモ

 今日はピーマンのお話しです。ピーマンは一年中出回っていますが、旬は夏です。みなさんの中でも、ピーマンを栽培している家庭があるかもしれませんね。ピーマンには、カロテンとビタミンCが豊富に含まれています。

 カロテンは、体内でビタミンAに変わり、夜盲症を防いだり、鼻やのどの粘膜を強くし、悪い細菌やウィルスが体内に入ってくるのを防いでくれます。

 ピーマンを使った代表的な料理といえば、チンジャオロースーです。チンジャオロースーは、ピーマンと豚肉をせん切りにして、炒めた中国料理です。

 数ある給食献立の中でも、みなさんに人気のあるメニューです。旬のピーマン料理をおいしくいただきましょう。


献立表・レシピ集・前月以前の給食へのリンクに移動する

7月17日(金曜日)

20200717

メニュー

  • 夏野菜カレーライス
  • チキンナゲット
  • ツナと野菜の炒め物
  • 牛乳

 食材の産地

  • 米(山武市)
  • なす(山武市)
  • 人参(北海道)
  • ピーマン(茨城県)
  • キャベツ(群馬県)

給食メモ

 今日はなすのお話しです。なすは、夏が旬の野菜です。なすは、インド原産で中国を経由して日本に伝わり1200年以上の歴史があり、各地の風土に応じた品種が多数あります。

 「一富士、二鷹、三なすび」ということわざを聞いたことがありますか。これは、初夢を見ると縁起がよいとされているものです。江戸時代、駿河の国では、すでになすの促成栽培のようなことが行われていて、正月に大名に献上されることがあったそうです。そのなすが大変高価だったことから生まれたことわざだそうです。

 なすは、「なす紺」といわれる紫紺の美しい色が特徴です。なすの紫色の色素はナスニンで、老化や病気の原因となる活性酸素の生物への悪影響を防ぐ「抗酸化物質」です。

 夏野菜カレーには、なすの他にも抗酸化物質の色素を含むトマト、南瓜、ピーマンを使っています。夏野菜の元気パワーをおいしくいただきましょう。


献立表・レシピ集・前月以前の給食へのリンクに移動する

7月16日(木曜日)

20200716

メニュー

  • ごはん
  • 豚肉のスタミナ焼き
  • チャプチェ
  • わかめスープ
  • 冷凍パインコンポート
  • 牛乳

 食材の産地

  • 米(山武市)
  • 長ねぎ(山武市)
  • 人参(青森県)
  • ピーマン(茨城県)
  • キャベツ(群馬県)
  • チンゲンサイ(茨城県)

献立表・レシピ集・前月以前の給食へのリンクに移動する

7月15日(水曜日)

20200715

メニュー

  • バンズパン
  • フィッシュフライ
  • ポークビーンズ
  • 野菜サラダ(ドレッシング)
  • ぶどうゼリー
  • 牛乳

 食材の産地

  • きゅうり(九十九里町)
  • キャベツ(群馬県)
  • 人参(千葉県)
  • じゃがいも(千葉県)

給食メモ

 今日は、オリ・パラメニューで、「アメリカ」のメニューです。

 「ポークビーンズ」はアメリカの家庭料理です。

 フィッシュバーガーは、アメリカのハンバーガー会社が考案したそうです。

 みなさん、「ポークビーンズ」はおいしく食べていますか。アメリカでは豚肉と白いんげん豆をトマト味で煮込むそうですが、給食では大豆を使用しています。大豆は、芽が出るのに必要な栄養を丸ごと含んだ食品です。私たちの体にとっても元気のもとがいっぱいです。大豆には特に「畑のお肉」といわれるくらいたんぱく質が豊富です。たんぱく質は、体を作る大切な栄養素です。また、血液を作る材料になる鉄や骨や歯をつくるカルシウムも含んでいます。

 給食のポークビーンズは、さらに栄養バランスをよくするために、のどや鼻の粘膜を強くするカロテンたっぷりの人参やトマトをいっしょに煮込んでいます。

 ポークビーンズを食べて、アメリカの家庭料理がどんな料理か、食の体験をしてください。今日もよくかんで食べましょう。


献立表・レシピ集・前月以前の給食へのリンクに移動する

7月14日(火曜日)

20200714

メニュー

  • 麦ごはん
  • コーン玉子焼き
  • いかのオイスターソース炒め
  • ワンタンスープ
  • シークヮーサータルト
  • 牛乳

 食材の産地

  • 米(山武市)
  • 長ねぎ(山武市)
  • もやし(大網白里市)
  • にら(山武市)
  • チンゲンサイ(茨城県)
  • キャベツ(群馬県)
  • 人参(千葉県)
  • 玉ねぎ(千葉県)

献立表・レシピ集・前月以前の給食へのリンクに移動する

7月13日(月曜日)

20200713

メニュー

  • ごはん
  • ポークメンチカツ(ソース)
  • 切り干し煮
  • かぼちゃ団子汁
  • 牛乳

 食材の産地

  • 米(山武市)
  • 人参(千葉県)
  • 長ねぎ(山武市)
  • ごぼう(群馬県)
  • 大根(北海道)

献立表・レシピ集・前月以前の給食へのリンクに移動する

7月10日(金曜日)

20200710

メニュー

  • わかめごはん
  • チキンチーズフライ
  • ツナと野菜の炒め物
  • フルーツポンチ
  • 牛乳

 食材の産地

  • 米(山武市)
  • 人参(千葉県)
  • キャベツ(群馬県)
  • チンゲンサイ(茨城県)

献立表・レシピ集・前月以前の給食へのリンクに移動する

7月9日(木曜日)

20200709

メニュー

  • ごはん
  • さけの塩焼き
  • 五目きんぴら
  • かき玉汁
  • ヨーグルト風味クレープ
  • 牛乳

 食材の産地

  • 米(山武市)
  • 人参(千葉県)
  • 玉ねぎ(千葉県)

給食メモ

 今日は、ごぼうのお話しです。実は、ごぼうを野菜として食べてきたのは、世界中で日本人だけでした。しかし、最近ではその独特な風味や食感からフランス料理やイタリア料理などでも注目されています。ごぼうは、野菜としては、日本固有ですが、野生のものはヨーロッパからシベリア、中国北部に広く分布しています。日本では根を掘ってしまうので花を見る機会は少ないのですが、

 ヨーロッパでは、むしろアザミに似た紫色の花のほうが親しまれています。

 ごぼうの料理といえば、「きんぴらごぼう」です。今日の給食は、人参の他に筍、さやいんげん、さつまあげの五種類の具材で炒めた「五目きんぴら」です。きんぴらのごぼうの切り方には、細切りと笹がきがあります。今日は食べやすく、風味を味わうために笹がきにしました。ごぼうは、食物繊維がたっぷり含まれています。食物繊維は腸内環境を整え便通をよくしたり、余分な脂肪の吸収を防いで肥満や動脈硬化を予防したり、糖尿病の予防や血中コレステロールの低下にも効果があります。

 きんぴらは、日本の伝統料理です。よくかんで食べてください。


献立表・レシピ集・前月以前の給食へのリンクに移動する

7月8日(水曜日)

20200708

メニュー

  • 黒糖パン
  • 肉団子
  • スパゲッティナポリタン
  • ベーコンスープ
  • 牛乳

 食材の産地

  • 人参(北海道)
  • 玉ねぎ(千葉県)
  • ピーマン(茨城県)
  • キャベツ(群馬県)

献立表・レシピ集・前月以前の給食へのリンクに移動する

7月7日(火曜日)

20200707-2

メニュー

  • 麦ごはん
  • 星形ハンバーグ
  • ベーコンと野菜の炒め物
  • 七夕スープ
  • ももゼリー
  • 牛乳

 食材の産地

  • 米(山武市)
  • 人参(千葉県)
  • 玉ねぎ(千葉県)
  • キャベツ(群馬県)

給食メモ

 

7月7日は七夕ですね。そこで、今日の給食は七夕メニューです。

星型のハンバーグにデミグラスソースをかけました。また、スープの中には、星の形をしたマカロニが入っています。

みなさんもよく知っている織姫と彦星の伝説は、中国から伝わりました。日本では、江戸時代ころから、笹竹に短冊をつるして、書道や習い事が上手になるように祈る習慣が始まりました。

給食センターでは、「皆さんが給食を好き嫌いしないで、なんでも食べ、丈夫に育ちますように」と願いを込めて毎日給食を作っています。どうぞ、健康や成長のために、そして感染症に対抗する免疫力アップのために給食をしっかりよくかんで食べましょう

。 


献立表・レシピ集・前月以前の給食へのリンクに移動する

7月6日(月曜日)

20200706

メニュー

  • ごはん
  • ハムチーズフライ
  • 筑前煮
  • わかめサラダ(ドレッシング)
  • 牛乳

 食材の産地

  • 米(山武市)
  • きゅうり(九十九里町)
  • 人参(千葉県)
  • キャベツ(千葉県)

給食メモ

 今日はさやいんげんのお話しです。

 今日の献立の中で、さやいんげんがどの料理に入っているかわかりますか。答えは筑前煮です。さやいんげんは、さやの中の豆が未熟なうちに、さやごと食べるのがさやいんげんです。成熟するのを待って、大きくなった豆を乾燥させると、乾物として売られているいんげん豆になります。

 さやいんげんは、緑黄色野菜でカロテンやビタミンB群、ビタミンC,ミネラルなどをバランスよく含んでいます。さらに疲労回復に役立つ物質も含まれていて、夏バテ防止に食べたい野菜です。

 さやいんげんの旬は、6月から9月です。給食で献立に使っていきますので、残さずよくかんで食べてください。

 健康のために 野菜は1日350g以上食べるのがよいとされています。

 野菜は、私たちの体の調子を整えます。意識してしっかり食べるようにしましょう。 


献立表・レシピ集・前月以前の給食へのリンクに移動する

7月3日(金曜日)

20200703

メニュー

  • セルフ中華丼
  • 棒餃子
  • 春雨サラダ
  • マンゴープリン
  • 牛乳

 食材の産地

  • 米(山武市)
  • きゅうり(九十九里町)
  • もやし(大網白里市)
  • 玉ねぎ(千葉県)
  • 人参(千葉県)
  • キャベツ(千葉県)

献立表・レシピ集・前月以前の給食へのリンクに移動する

7月2日(木曜日)

20200702

メニュー

  • ごはん
  • いかカツフライ
  • コーンサラダ
  • 沢煮椀
  • チーズ
  • 牛乳

 食材の産地

  • 米(山武市)
  • きゅうり(九十九里町)
  • 長ねぎ(山武市)
  • 人参(千葉県)
  • キャベツ(千葉県)

給食メモ

 今日はチーズのお話しです。中央アジアやエジプト、メソポタミアなどでは、紀元前数千年も昔から乳製品を利用していた様子が壁画に描かれているそうです。飲むだけだった乳が、日常のちょっとした体験や発見から、やがて保存のきくチーズに変わっていったようです。古代アラビアの商人が羊の胃袋を水筒がわりにして、山羊の乳を入れ、ラクダにのって太陽の照りつける砂漠を歩んでいる時にチーズが偶然できたといわれています。

 日本では、飛鳥時代に牛乳が伝来し、「蘇」というチーズのような保存性の高い加工品が作られ、鎌倉時代まで、貴族や支配階級の人々の滋養強壮薬として利用されていたと伝えられています。

 今日は、はるか昔の人々が元気になるための食べ物として珍重していたチーズをおいしくいただきましょう。チーズは、成長期には欠かせないカルシウムがたっぷりです。


献立表・レシピ集・前月以前の給食へのリンクに移動する

7月1日(水曜日)

20200701

メニュー

  • ミルクロールパン
  • ほき洋風焼き
  • ベーコンポテト
  • ラタトゥイユ →レシピあります
  • 牛乳

 食材の産地

  • なす(九十九里町)
  • じゃがいも(千葉県)
  • 人参(千葉県)
  • ピーマン(茨城県)
  • ズッキーニ(長野県)

献立表・レシピ集・前月以前の給食へのリンクに移動する

 


別ページへのリンク

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは学校給食センターです。

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

山武市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?