国民健康保険

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月25日

担当窓口

本庁 国保年金課 国民健康保険係

電話番号0475-80-1143

山武出張所

電話番号0475-89-3600

蓮沼出張所

電話番号0475-86-3111

松尾出張所

電話番号0479-80-7117

国民健康保険の加入等

次のような場合は、14日以内に手続きをしてください。
こんなときは(手続きが必要なとき)必要なもの
国保に入るとき他の市区町村から転入したとき転出証明書、印鑑
勤務先の健康保険をやめたときや被扶養者からはずれたとき

健康保険資格喪失証明書または退職証明書、印鑑

子どもが生まれたとき国民健康保険証、印鑑
生活保護を受けなくなったとき保護廃止決定通知書、印鑑
国保をやめるとき他の市区町村へ転出するとき国民健康保険証、印鑑
勤務先の健康保険に入ったときや被扶養者に認定されたとき国民健康保険証、勤務先の健康保険証、印鑑
死亡したとき国民健康保険証、印鑑
生活保護を受けるようになったとき国民健康保険証、保護開始決定通知書、印鑑
その他修学のため、被保険者が他の市区町村に住むとき国民健康保険証、在学証明書、印鑑
住所、世帯主、氏名などが変わったとき国民健康保険証、印鑑
保険証をなくしたり、汚して使えなくなったとき国民健康保険証または本人確認できるもの(運転免許証等)
平成27年3月以前に遡って退職者医療制度に該当したとき国民健康保険証、年金証書、印鑑

■本人確認について

 市では、偽りや不正な届出、申請による被保険者証等の交付を防止し、被保険者の個人情報及び財産を守るために国民健康保険被保険者証等を交付する際に、免許証などの本人確認ができる書類の提示をお願いしています。ご理解とご協力をお願いします。

■マイナンバーの記入について

 届出には、マイナンバーの記入が必要になります。「マイナンバーカード」または「マイナンバー通知カード」をお持ちください。

  本人確認のできる書類 [Wordファイル/29KB]

 

国民健康保険からの給付等

 

事  由

 

受けられる給付等

備  考

療養の給付

診療や治療を受けたとき

 保険対象医療費のうち次の自己負担額以外を国保で負担します。

(1) 就学前児童(6歳まで)2

(2) 70歳以上 昭和19年4月1日以前生まれ1割

         昭和19年4月2日以降生まれ2

           (一定所得以上の方は3

(3)その他の被保険者は3 

医療機関に被保険者証を提出してください。

療養費

やむを得ない理由で、保険証を持たずに治療を受けたとき 

医療機関等で、いったん全額を支払った後、かかった費用について国保が審査し、決定した額から自己負担分を差し引いた額を支給します。自己負担額の割合は、療養の給付と同じです。

国民健康保険療養費支給申請書 [PDFファイル/123KB]

診療内容の明細書と領収書が必要です。

あんま・はり・灸・マッサージの施術を受けたとき

診療内容の明細書、領収書、保険医の同意書が必要です。

輸血のための生血代やコルセット・ギプスなどの補装具代など 

保険医の証明書と領収書が必要です。

※靴型装具については、当該装具の写真も必要です。

海外旅行中に治療を受けたとき 

診療内容の明細書、領収書、翻訳書、渡航期間の分かるもの(パスポート等)が必要です。

移送費

歩行困難で、医師の指示で入院や転院が必要な場合 

移送に要した費用について国保が審査し、決定した額から自己負担分を差し引いた額を支給します。

移送に係る医師の意見書、領収書、搬送業者発行の移送報告書、認印、振込先の口座番号がわかるもの(預金通帳等)が必要です。

出産育児一時金

 被保険者が出産したとき 

出産育児一時金42万円が支給されます。
※他の健康保険から支給される場合は、国保からは支給されません。

妊娠12週以上であれば死産又は流産でも支給されますが、医師の証明書が必要です。

        葬祭費

 

 

 

 

 

被保険者が死亡したとき

葬祭費5万円が支給されます。葬祭を行った方(喪主又は施主)に支給します。
※他の健康保険から支給される場合は、国保からは支給されません。

喪主又は施主であることがわかる書類(会葬礼状等)、認印、本人確認のできるもの(運転免許証等)、振込先の口座番号のわかるもの(預金通帳等)が必要です。

 

保健事業(人間ドック・特定健診)

短期人間ドック助成制度

 山武市では、国民健康保険被保険者の健康の保持・増進を図るため、下記の要件を満たす方に短期人間ドックにかかる費用を助成する制度があります。

 【利用条件(次の条件を全て満たす方)】

  • 30歳以上74歳以下であること。
  • 前回実施(本制度利用)後、6ヶ月以上経過しており同一年度内の利用でないこと。
  • 山武市国民健康保険に継続して1年以上加入していること。
  • 国民健康保険税を完納していること。

【助成額】

  • 費用額の80%、ただし5万円を限度とします。

    例:1 費用額が5万円の場合 → 助成額4万円  自己負担額1万円
    例:2 費用額が8万円の場合 → 助成額5万円  自己負担額3万円

注)検査利用日の予約をする際には、受診する人間ドックに助成対象検査項目がすべて含まれていることを、ご自身で医療機関に確認してください。

注)市が指定する検査項目がすべて含まれていない場合、助成の対象になりません。

【市が指定する検査項目】

・既往歴の調査(服薬歴及び喫煙習慣の状況にかかる調査(※質問票)を含む。)

・自覚症状及び他覚症状の検査(理学的検査(身体診察))

・身体計測(身体、体重、腹囲、BMI)

・血圧(収縮期血圧、拡張期血圧)

・血中脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)

・肝機能検査(GOT、GPT、γ-GTP)

・血糖検査(空腹時血糖又はヘモグロビンA1C)

・尿検査(糖、蛋白)

 【利用の流れ】

 《契約病院等の場合》
  1.ご自身で医療機関に人間ドック利用日の予約をします。

  2.受診する前に国保年金課及び各出張所で人間ドック利用申請をします。

   (その際に、人間ドック利用承認書をお渡しします。)

   ※必要なもの:保険証、印鑑、人間ドックの予約内容のわかるもの

  3.人間ドック利用時に医療機関へ人間ドック利用承認書を提出し、助成後の差額をお支払ください。

  《契約病院等以外の場合》
  1.ご自身で医療機関に人間ドック利用日の予約をします。

  2.受診する前に国保年金課及び各出張所で人間ドック利用申請をします。

   (その際に、人間ドック利用承認書と検査項目報告書をお渡しします。)

   ※必要なもの:保険証、印鑑、人間ドックの予約内容のわかるもの

  3.人間ドックを利用時に医療機関へ人間ドック利用承認書、医療機関に検査項目報告書を持参のうえ受診し、いった ん受診費用全額をお支払ください。(助成金は、5.の交付決定後に指定の口座に振り込みします。)

  4.受診後、医療機関が発行した領収書、検査項目報告書、人間ドック利用承認書、印鑑、振込先のわかるものを持参 のうえ、国保年金課及び各出張所で助成金の申請をします。

  5.助成金交付申請受付から1ヶ月以内に可否を通知します。また、交付決定後、指定の口座に振り込みします。

※申し出いただければ、ご提出いただいた領収書(原本)は郵送にてお返しします。

※人間ドックの結果通知書等は、セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)の適用を受ける場合に必要となりますので大切に保管してください。

◎契約病院等一覧

名       称所 在 地電話番号
さんむ医療センター(旧 国保成東病院)山武市0475(82)2521
花城医院山武市0479(86)2233
大平医院山武市0479(86)6012
浅井病院東金市0475(58)5000
新八街総合病院八街市043(443)7311
国保旭中央病院旭市0479(62)3822
成田赤十字病院 成田市0476(22)2311
聖隷佐倉市民病院佐倉市043(486)0006
山王病院千葉市043(421)2221
ちば県民保健予防財団千葉市043(242)6131

地域医療機能推進機構千葉病院(旧:千葉社会保険病院)

千葉市043(261)2211
亀田総合病院附属・幕張クリニック千葉市043(296)2711
井上記念病院千葉市043(245)8811
千葉ロイヤルクリニック千葉市043(204)5511
亀田総合病院鴨川市04(7092)2211
PL東京健康管理センター渋谷区

03(3469)1161

特定健康診査

 特定健康診査とは、平成20年度から医療保険者(国保や被用者保険組合等)に実施が義務化された、メタボリックシンドローム(内臓脂肪型肥満)に着目した生活習慣病予防のための健康診査のことです。

【対象者】

山武市国民健康保険に加入されている40歳以上の被保険者
  

【健診項目】

 身体計測(身長・体重・BMI・腹囲)、質問票(服薬歴・喫煙歴等)、血圧検査、診察(理学的所見)、血液検査(肝機能・脂質・血糖・腎機能検査等)、検尿(糖尿・尿蛋白)など

集団健診

 7月から8月に実施した特定健康診査を受診できなかった方を対象に未受診者健診を実施します。まだ、受診されていない方は、ぜひこの機会に受診しましょう。(※個別健診を受診された方は受けられません。)

会場及び実施日時
会場実施日受付時間
成東保健福祉センター  12月18日(火曜日)午前9時30分から11時30分 

・受診方法 直接、会場におこしください。

・持ち物 受診票・採尿器・被保険者証
 ※受診票等は6月に郵送しています。再発行のご希望やご不明な点がございましたら、国民健康保険係(80-1143)までご連絡ください。

・費用 無料

・健診結果 健診後1か月半程度で、本人宛に通知します。

個別健診 (指定の医療機関で、個別に受けられる健診です。)

指定医療機関
名称所在地電話番号
さんむ医療センター(旧 国保成東病院)  山武市成東167番地

0475(82)2521 

花城医院山武市松尾町大堤136番地30479(86)2233
宇井医院山武市蓮沼イ2243番地30475(86)2522
山武市国保日向診療所山武市椎崎430番地0475(88)1154

・実施期間 平成30年7月3日から平成31年3月31日(※受診できる曜日および時間は、指定医療機関毎に異なります。)

・受診方法 事前に指定医療機関に電話予約のうえ、受診してください。

・持ち物   受診票・被保険者証

・費用    1,000円 

・健診結果 健診後1か月半程度で、本人宛に通知します。(ただし、健診結果により保健指導対象者となった場合は、面接時に結果をお知らせします。)

特定保健指導

 特定保健指導とは、特定健康診査を受診してその結果がメタボリックシンドローム(内臓脂肪型肥満)又はその予備軍と診断された方を、リスクの高さに応じ階層化((1)積極的支援・(2)動機付け支援・(3)情報提供)し、自身の健康状態を自覚していただき、生活習慣の改善のための取組みを継続的に行い、健康的な生活に自ら改善できるようにさまざまな働きかけやアドバイスを行うことです。

【対象者】 

 特定健康診査の結果から生活習慣病のリスクの高い、(1)積極的支援及び(2)動機付け支援に該当した方を対象に行います。

【会場及び実施日時】

 集団健診終了後、市内の保健センター等を会場に実施する予定ですが、詳細については、該当者に個別にお知らせします。

【費用】

 基本的には無料です。(教材等の一部をご負担いただく場合があります。)

 ・生活習慣病予防について 健康づくり等に関する情報はこちら(千葉県国民健康保険団体連合会ホームページ)

 

ジェネリック医薬品について

 ジェネリック医薬品(後発医薬品)は、新薬と同一の有効成分が、同一量含有され、同等の効き目があります。新薬と異なる添加剤が使用されることがありますが、有効性、安全性及び品質について国が厳格な審査のうえ、製造販売の承認をしているお薬で、開発費用が抑えられるので低価格です。

 ジェネリック医薬品を上手に利用することによって、薬代の負担を軽くでき、国保財政の健全化を図ることが期待されています。 

ジェネリック医薬品差額通知

現在処方されている薬をジェネリック医薬品に切り替えることで、自己負担額がどれくらい安くなるかをお知らせします。
 ※ジェネリック医薬品への変更を強制するものではありません。 
 ※かかりつけの医師や薬剤師とよく相談し、上手にジェネリック医薬品を使用してください。

送付時期 年4回(3月、6月、9月、12月)

・ジェネリック医薬品について詳しく知りたい方はこちら(厚生労働省ホームページ)

 

その他(助成・貸付制度、第三者行為の届出)

高額療養費資金貸付制度

貸付対象者

 次の要件を満たす国保加入世帯の世帯主が対象となります。

  1. 高額療養費の支給を受ける見込みがあること。
  2. 本制度からの貸付額以外の自己負担分を支払ったこと。

  

貸付額
 国保から支給が見込まれる高額療養費の90%に相当する額となります。
  注)貸付金は無金利で、1,000円単位で貸し付けます。

  

貸付の流れ
 1.医療機関への自己負担分の支払い→2.申込書等提出 → 3.貸付の決定 → 4.貸付の実行 →  5.高額療養費の申請 → 6.支給決定 → 7.高額療養費の支給
  注)高額療養費の90%を貸付金の返済に充て、10%を支給します。ただし、国民健康保険税に滞納がある場合は、支給分を保険税の納付に充てさせていただきます。

出産育児一時金直接支払制度

国の少子化対策の一環として、国民健康保険加入者(被保険者)が多額の現金を用意することなく、安心して出産できる環境を整える観点から、新たに設けられた制度です。

 これにより、原則として出産育児一時金は、市(国保)から支払機関(千葉県国民健康保険団体連合会)を経由して、医療機関等に直接支払われることになります。

直接支払制度を希望する場合

 申請等の手続は、分娩を予定している医療機関等で行いますので、詳細については当該医療機関等へお問い合わせください。

 出産後、市から支払機関を経由して医療機関等へ42万円を限度に支払われます。

 なお、出産費用が42万円を超えた場合は、医療機関等に超えた金額をご自身でお支払いいただき、42万円に満たない場合は、その差額を当該被保険者の属する世帯の世帯主の請求により、市が指定口座に振り込みます。

直接支払制度を希望しない場合

 医療機関等に出産費用の全額をご自身でご負担いただきます。

 なお、出産育児一時金については、被保険者が出産後に当該被保険者の属する世帯の世帯主が市に対して請求することにより、市から42万円を指定口座に振り込みます。

 

交通事故などによるけが(第三者行為)

 交通事故など第三者(相手)の行為によりけがをした場合で、国民健康保険の被保険者証を使用して治療を受けようとするときは、「第三者行為による傷病届」の届出が必要です。なお、自損行為の場合も届出が必要です。

※無免許運転や飲酒運転など重大な違反を犯した場合は、使用することができません。

《用意するもの》

 ・国民健康保険証

 ・免許証

 ・印鑑

 ・相手方の連絡先及び加入保険などのメモ

 ・交通事故証明書(後日提出も可、写し可、自動車安全運転センターから発行されます)

《医療費負担は加害者の責任》

 第三者の行為によって受けた傷病の医療費は、本来加害者が全額負担すべきものです。被保険者証を使用し治療を受けた場合、国民健康保険で加入者の医療費を一時的に立て替え、あとから加害者に費用を請求することになります。

《示談をする前に》

 示談を済ませてしまうと、その内容が優先されて国民健康保険で立て替えた医療費を加害者に請求できなくなる場合があります。示談の前に、必ずご相談ください。

《届出様式》

世帯主(被保険者)の方

第三者の行為による傷病届(その1) [PDFファイル/21KB]

第三者の行為による傷病届(その2) [PDFファイル/28KB]

念書 [PDFファイル/22KB]

事故発生状況報告書 [PDFファイル/33KB]

誓約書 [PDFファイル/25KB]

人身事故証明書入手不能理由書(表・裏) [PDFファイル/68KB]

損害保険会社の方

(「交通事故に係る第三者行為による傷病届等の提出に関する覚書」に係る様式)

第三者行為による傷病届(保険会社用) [Excelファイル/135KB]

事故発生状況報告書(保険会社用) [Excelファイル/26KB]

同意書(保険会社用) [Excelファイル/26KB]

人身事故証明書入手不能理由書(保険会社用) [Excelファイル/24KB]

第2期山武市保健事業実施計画(データヘルス計画)第3期山武市特定健康診査等実施計画

 山武市国民健康保険では、被保険者の健康維持・増進及び医療費の適正化による医療費の削減を図るため、「第1期山武市保健事業実施計画(データヘルス計画)」(平成29年度)及び「第1期山武市特定健康診査等実施計画」(平成20から24年度)「第2期山武市特定健康診査等実施計画(平成25から29年度)を策定し、国保加入者の健康増進に取組んできました。

 このたび、両計画が平成29年度をもって終了することから、平成30年度(2018年度)から2013年度までの6年間を共通の計画期間とし本計画を策定しました。

第2期山武市保健事業実施計画(データヘルス計画) 第3期山武市特定健康診査等実施計画 [PDFファイル/2.23MB]

 

 国民健康保険税について

 国民健康保険税については、課税課のページをご覧ください。



Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)