トップページ > 山武市文化会館 > 山武市文化会館|成東文化会館|主催事業一覧(成東会場)

山武市文化会館|成東文化会館|主催事業一覧(成東会場)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月20日

山武市文化会館主催事業(成東会場)

ぱんだウインドオーケストラ「吹奏楽の愉しみ」

ぱんだウインドオーケストラ「吹奏楽の愉しみ」

日時

平成30年10月28日(日曜日)
開場:14時30分
開演:15時00分

場所

ホール

入場料

一般 3,000円
高校生以下 1,000円
親子ひざうえ席 2,000円
全席指定席
チケット好評発売中

プログラム

第1部≪アンサンブル≫
  • 八木澤教司:スピリチュアル(打楽器四重奏)
  • 高橋宏樹:文明開化の鐘(金管八重奏) ほか
第2部≪30人の吹奏楽≫
  • マッキー:シェルタリング・スカイ
  • 真島俊夫:三つのジャポニスム
  • 和泉宏隆/真島俊夫編:宝島 ほか

サロンコンサートvol.197 Tribute to Jazz Giants!!~守屋純子カルテット~

ジャズ101周年・・・ 

守屋順子カルテット

日時

平成30年11月16日(金曜日)
開場 18時30分
開演 19時00分

場所

エントランスホール

入場料

1,000円
全席自由席
チケット好評発売中

プロフィール

守屋 純子(Piano)

早稲田大学卒業後、マンハッタン音楽院修士課程終了。2005年CD “Points Of Departure”が、第18回ミュージック・ペンクラブ賞を受賞。同年、米国セロニアス・モンク・コンペティション作曲部門で、東洋人としてまた女性として初の優勝に輝く。スペイン、インド、オーストラリアなど、海外でもたびたび演奏しており、2008年 “モンタレージャズフェスティバル”を初めとした米国ツアー、同年と2009年に、フランス・ツアーを、2014年より毎年、6回のロシア公演を行う。2018年7月<長谷川等伯ジャズ組曲>を中心とした9枚目のリーダーCD(ビッグバンド作品としては6枚目) 教育活動にも熱心で、“山野ビッグバンドコンテスト”“浅草ジャズコンテスト”“ヤマハ・エレクトーン・コンクール”等の審査員や、全国で学生・社会人ビッグバンドの指導なども行なっている。昭和音楽大学・尚美学園大学非常勤講師。
<守屋純子HP  www.junkomoriya.com

高瀬龍一(Trumpet)

故福原彰氏に師事しジャズトランペットの基礎を学び、その後故世良譲(p)クインテット、森山威男(ds)グループ、寺下誠(p)クインテット、山下洋輔(p)ビッグバンド、角田健一ビッグバンド、守屋純子(p)オーケストラ、岸義和(tp)ビッグバンド等のメンバーとして活動。2012年高瀬龍一率いるビッグバンドも活動開始。カウント・ベイシー・オーケストラのナンバーのみを演奏する日本で唯一のビッグバンド。山野楽器ジャズ・トランペット科の専任講師を務め、中央アート出版より教則本「プレイ・ザ・ジャズ・トランペット」を執筆して、後進の指導にもあたっている。

佐藤慎一(Bass)

慶応義塾大学を卒業後、バークリー音楽院に入学。作曲を専攻するが連日マーク・ターナー、ジョシュア・レッドマン、カート・ローゼンヴィンケルらとセッションを繰り返しジャズに開眼。ベーシストとしてボストンで活動開始する。帰国後オノセイゲン、臼庭潤JazzRoots、ソウルボッサトリオ、上妻宏光、noon、守屋純子、越智順子、大野俊三、森山良子、綾戸智恵、小野リサなどと録音・ライブで活動する。海外フェスでは'97オランダ・ノースシー、'04リンカーンセンター、'08モンタレー、'10「上海万博」などに出演。'06初CD「レ・フリーク」を発表し、各方面メディアから絶賛される。コントラバスを故江口朝彦、吉田秀氏に師事し、クラシックにも意欲的に取り組んでいる。

高橋徹(Drums)

新潟大学在学中にプロのジャズドラマーを志す。1993年上京後、大阪昌彦に師事。池田篤(as)岡安芳明(g)岡淳(ts)椎名豊(p)三木俊雄(ts)山田穣(as)達と当時目黒にあった”SONOKA”でセッションを重ねる一方、佐山雅弘(p)小井政都志(b)とのトリオで、様々な音楽ジャンルを経験する。様々な世代の様々なバンドを経験し、ジャズの伝統に根ざしスイングするプレイスタイルはベテランから若手まで多くのミュージシャンから絶大な信頼を得て、各地のライブハウス、コンサートでの演奏やレコーディングなどで活躍中。これまでの主な共演者は、今泉正明(p)大森明(as)大山日出男(as)岡崎好朗(tp)岡崎正典(ts)奥村晶(tp)尾田悟(ts)金子健(b)辛島文雄(p)近藤和彦(as)中村誠一(ts)中村健吾(b)福田重男(P)松島啓之(tp)守屋純子(p)宮本大路(bs)山下洋輔(p)吉岡秀晃(p)Bobby Watson(as) Wess Anderson(as)など。近年は、自己のトリオ、カルテットでの演奏にも力をいれる一方で、国立音楽大学ジャズ専修の講師として「ジャズドラム」のレッスンだけにとどまらず、その所有する膨大な映像資料、音源を駆使して「ジャズの歴史」の講義で教鞭とり後進の指導にもあたっている。ジャズの歴史講座と名を打った講座もこれまで、東京各所、愛媛、山形などで開催し評論家ではなくプレイヤーサイドに立った歴史観を楽器を使って説明するなどし好評価を得ている。

平成30年度優秀映画鑑賞推進事業「日本名作映画祭」

 

のぎくプラザ様_映画鑑賞会A4チラシ_オモテ

日程

平成30年12月2日(日曜日)

上映映画(Cプログラム)

第1部

10時00分 青い山脈(1949年 白黒 172分)
13時10分 また逢う日まで(1950年 白黒 109分)

第2部

16時00分 真昼の暗黒(1956年 白黒 124分)
18時20分 純愛物語(1957年 カラー 130分)

場所

ホール

入場料

各部500円
第1部/第2部 入替制(各2作品)

全席自由席

チケット好評発売中

主催

山武市成東文化会館/文化庁/国立映画アーカイブ

特別協賛

木下グループ木下グループロゴ

協力

株式会社オーエムシー

企画

シネフィルのぎく