1. ホーム>
  2. 子育てサイト「子育てさんむ」>
  3. 母子の健康・医療>
  4. 妊婦と生後6か月から小学6年生までのインフルエンザワクチン接種費用の一部助成が始まります

母子の健康・医療

妊婦と生後6か月から小学6年生までのインフルエンザワクチン接種費用の一部助成が始まります

助成申請の受付は令和3年10月1日から開始します(原則、郵送で申請)

季節性インフルエンザによる発症及び重症化を予防し、新型コロナウイルス感染症との重複感染や同時流行の予防を目的として、妊婦と生後6か月から小学6年生までの方を対象にインフルエンザの予防接種費用の一部助成を行います。
(接種後の申請手続きとなります。)

 

対象者

接種当日、山武市に住民登録があり、次のいずれかに該当する方

  • 妊婦
  • 生後6か月から小学6年生

助成回数・助成額

1人1回限り 上限1,500円 ※ただし、生活保護世帯の方は全額助成

医療機関で予防接種費用を全額支払い後、助成の申請をすることで、後日助成額が口座に振り込まれます。(振込み完了の通知は行いませんので、通帳などでご確認ください)

対象接種期間

令和3年10月1日から令和4年1月31日までに実施したもの

予防接種を受けてからインフルエンザに対する抵抗力がつくまでに2週間程度かかり、その効果が十分に持続する期間は約5か月間とされています。より有効性を高めるために一般的には10月から12月中旬までの間に行うことが適当とされています。
また、13歳未満の方は2回接種が推奨されており、2回接種における間隔は2~4週間で免疫効果を考慮すると4週間が望ましいとされています。

申請受付期間

令和3年10月1日から令和4年2月28日まで(2月28日消印有効)

助成申請に必要なもの

以下の書類を、コロナウイルス感染症予防のため原則郵送にて下記送付先へ申請してください。

 1.山武市妊婦及び小児のインフルエンザ予防接種費用助成金交付申請書兼請求書
   山武市妊婦及び小児のインフルエンザ予防接種費用助成金交付申請書兼請求書 [PDF形式/183.97KB]

 2.領収書の原本(原本の返却を希望される方は、返信用封筒に住所氏名等記入し、84円切手を貼付し同封してください)

 3.予防接種を受けた日を確認できる書類、ただし領収書の記載で確認できれば不要

 4.振込先の通帳等(口座名義人と口座番号がわかるページ)のコピー

 5.申請・請求者が、被接種者本人またはその保護者でない場合や振込口座名義人と異なる場合には、委任状が必要です
   委任状 [PDF形式/65.88KB]

送付先

〒289-1392
 山武市殿台296番地 成東保健福祉センター
 山武市保健福祉部健康支援課母子保健係

その他

この予防接種は任意接種です。万が一、副反応によって健康被害が発生した場合は、予防接種法に基づく健康被害救済制度の対象ではなく独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づく救済(外部リンク)を受けることになります。

 

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康支援課 母子保健係です。

1階 〒289-1324 千葉県山武市殿台296番地

電話番号:0475-80-1172 ファックス番号:0475-82-2107(代)

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

山武市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る