1. ホーム>
  2. 市長室>
  3. 市民の声>
  4. 市民の声(令和3年度分)

市民の声

市民の声(令和3年度分)

 市へ寄せられたご意見、ご要望等(市長への手紙等)のうち、主なご意見、ご要望等の要旨とそれらに対する市の回答を、個人情報等に留意した上で、回答した月の翌月以降に公表しています。

令和3年11月

ミライロIDの使用について(令和3年11月1日受付)

 スマートフォンを障がい者手帳の代わりに利用できるアプリ「ミライロID」は山武市の基幹バスや公共施設の窓口でも対応していますか。
 対応していなければ導入のご検討をお願いします。県内の自治体でも導入しているところが増えています。

市の対応(回答)

 山武市基幹バスの障がい者運賃において、千葉県内のバス運行事業者や地方公共団体でのミライロIDによる本人確認の導入事例の推移をふまえ、庁内の障がい福祉担当部署との情報共有を図ってまいります。
 いただいたご意見をはじめ、市民の方から寄せられた要望を行政のバスを運営する山武市地域公共交通活性化協議会で協議・検討してまいります。
 ミライロIDによる本人確認を導入する場合は、基幹バス車内でのお知らせなどを検討しますので、ご確認いただければ幸いです。
 また、さんぶの森元気館、歴史民俗資料館及び公民館等施設においては、ミライロIDなど専用アプリケーションで障がい者手帳に記されている情報を落とし込んだスマートフォンを窓口でご提示いただき、本人確認ができた場合は料金割引等の対応をいたします。

 

 

令和3年10月

山武市のPRについて(令和3年10月11日受付)

 山武市井之内にて、ダイヤモンド富士が見れました。2021年10月6日には富士山頂の右側、10月7日はテッペン、10月8日は左側、2021年3月3日は左側に太陽が見られました(写真撮影済み)。
 2022年3月には、4・5・6日ぐらいでダイヤモンド富士が見えると思います。
 上記は特定の場所になりますので、山武市どこの地域でも同じ日に見れるとは限りません。撮影確認日以外は、私の予想になります。
 山武市公式YouTubeチャンネルでPRしてみたらどうでしょうか。その他のPRでも良いと思います。
 年間2回のチャンスで、正味6日間のチャンスにトライしてみませんか?
 山武市の魅力一つ見つけました。
 また、他の地域でも富士山が見えるところでしたら、ダイヤモンド富士のチャンスがあると思います。
 山武市ダイヤモンド富士マップを作成しても面白いと思います。

市の対応(回答)

 貴重な情報をお寄せいただきありがとうございます。
 現在、市の魅力発信・シティセールスにつきましては所属課である、秘書広報課において、調査、発掘しているところでございます。
 ご提供いただきました情報につきましても、市の魅力のひとつとして外部へ発信すべく検討させていただきます。

 

令和3年9月

Yahoo!防災速報での新型コロナ・防災情報提供のお願い(令和3年8月19日受付)

 私が利用しているスマホアプリ「Yahoo!防災速報」は、震度3以上の発生時にアラートが鳴ります。(スマホの機能には無いので重宝しています)
 また、土砂崩れ警報なども通知が来て画面いっぱいに表示されるので、来た時はすぐにチェックしています。このアプリでは市町村からのお知らせも受け取ることができ、登録しておけばピンポイントで情報が来ます。
 緊急情報に対応している市町村は、千葉県54市町村のうち、48町村です。山武市は対応していない6市町村のうちの1つです。登録している市町村では、例えばコロナワクチン予約開始日や、接種会場の地図(PCサイトのみ?)さらに千葉市や大網白里市などで「市からのお知らせ」としてメッセージが届きます。
 ぜひ、山武市民への新型コロナや災害の情報提供手段のひとつとして、登録・運用をお願いしたいです。

市の対応(回答)

 早期の運用に向け、Yahoo!防災速報の担当者と最終的な協議・調整を進めているところでございます。

コロナワクチンについて(令和3年9月13日受付)

 私は基礎疾患のある50代女性です。
 1回目のワクチン接種は済みました。
 同居していている20代子供は、まだ接種券がないため接種できません。しかし、子供の職場(山武市内)で数名の陽性者が出てしまいました。濃厚接触者では無いとの判断で出勤していますが、子供も家族も不安な毎日を過ごしています。
 基礎疾患のある家族と同居している子供は、優遇してもらえないのでしょうか?

市の対応(回答)

「接種券の送付時期」についてですが、ご存じのとおり優先接種対象に基礎疾患のある方の家族は含まれておりません。
 現在山武市では、40歳代以上の方の接種がすすんでおり、市内医療機関によっては市の接種計画に則った接種を行っているため、基礎疾患のない若い方の接種をお断りしています。接種前の予診を行う際、基礎疾患のある方の家族という判断は難しく、更に、予約時に判断することはより難しいと思われます。
 ご心配とは存じますが、9月中には全世代への予約が開始されますので、ご理解のほどお願いいたします。

 

令和3年8月

プレミアム商品券について(令和3年8月9日受付)

 前略 市長殿におかれましては、当市発展の為、御尽力いただき深く御礼申し上げます。
 今回のプレミアム商品券発売について申し上げ度。
 まず、前提として市長殿にお伝えする前に、観光課の複数の職員さんと話をさせていただいた。職員さんは、他市の事例等見識も深く、市民の公僕として責任感を持ち業務を推進されていることは理解できた。
 しかし、今回のプレミアム商品券の発行結果はいかがだっただろうか。「最大10枚/1人申込み可能」というところ結果は、「2or3枚/1人」。これは人間の心理としてガッカリを通り越しているのではないか?小生の様に声をあげる者は、少ないかもしれない。しかし、プレミアム商品券に期待していた「サイレントマジョリティー(中学生が歌っていた)」は、魅力の無い街だから仕方が無い、そのように思い声をあげないのではないだろか?そうであれば、市政にとって悲劇である。
 予算が前回より少ない。プレミアム商品券が、市民に定着してきて前回より応募が急増する可能性があるなら、予め発行予定枚数を提示して、応募多数なら均等分配という趣旨を強調した上で発売募集を行うべきであったと小生は考えるが、市長殿の見識はいかがか?
 今回は、プレミアム商品券の件でお話させて頂いたが、失礼ながら市政は一事が万事だと考える。アリの一穴により市民が自分の住んでいる街に「魅力」を感じなくなったらピンチを大ピンチに変える。その点当市政の最高指導者のお力を存分に発揮いただくようお願い申し上げます。

プレミアム商品券について(2)(令和3年8月9日受付)

 プレミアム商品券について別件でお聞きいたし度。
 今回のプレミアム商品券の募集に関しては、一企業名が強調されていた。
 例えば、我国の省庁でも独自の企画の実務を広告代理店に委託して行う場合はある(その方がコスパが良い場合等)。しかし、受託会社名前が前面にでて企画が行われることは無いと小生は考える。
 今回の場合はどうか?「募集の段階から、事業者が前面にでていた。」という指摘に抗弁はできないであろう。松尾町商工会から山武市に依頼されたと抗弁は、お粗末。小生が問うているのは、仕様書の表記方法である。「プレミアム商品券は、この事業者が仕切ってるの?」という疑念が起こっても仕方ない表記だったと小生は感じるが、市長殿はいかがお感じになるだろか?
 おまけに、プレミアム商品券の当選券にも事業者名があった。少なくとも、この件で一企業の知名度は上がり、良いコマーシャルになっただろう。結果として一企業だけを優遇してしまったことは、山武市内の他の企業(観光業に限らない)に対して不公平になると小生は感じる。受託業者の表記については、もっと熟慮が必要であったと感じるが、市長殿はいかがか? 
 最後に、この事業者を誹謗中傷はしていないことを確認してもらいたい。小生のような勘ぐりをする人間は1人ではないと思う。そんな人間がいれば、ある意味、この事業者も被害者になる。
 個人であれ、法人であれ名前の取り扱いには注意願いたいということを申し上げたい。

市の対応(回答)

 初めにご指摘いただきました、申込み冊数に対しての販売冊数の減少につきましては、大変申し訳なく思っております。
 チラシにも「応募多数の場合には、応募者に対し均等に配分後、抽選」の旨を記載させていただきましたが、ご指摘のとおり、結果として分かりにくい表記となってしまいましたので、今後このような事業を実施することがございます場合には、今回のご指摘を踏まえて事業を実施させていただきます。
   
 次に一企業の名称記載につきましてですが、今回の事業実施にあたりましては、市が山武市商工会にお願いをし、山武市商工会が事業の主体となっておりますが、山武市商工会だけでは対応しきれないコールセンター業務部分について、山武市商工会が商工会員の中から業務をお願いできる事業者を選定し、お願いすることとなりました。
 また、平日に郵便局での引換が困難な方への対応としまして、休日引換(販売)所を設ける必要がありましたので、コールセンターでもある事業者での販売日を設けさせていただきました。
 チラシの記載は、あくまでも休日引換(販売)所として事業者の名称を記載したものです。
 なお、購入引換券の記載につきましては、コールセンターの電話番号がどこに繋がるものなのかを明らかにするために事業者の名称を記載させていただきましたが、今後、類似のケースが発生しました場合には、ご指摘を踏まえ名称の取り扱いには十分に気をつけてまいりたいと存じます。
 この度は、貴重なご意見を頂戴し誠にありがとうございました。
 今後とも市政運営に御協力賜りますようお願い申し上げます。

 

源川の氾濫(令和3年8月10日受付)

 ここ数年源川、雨坪地区の団地の浸水回数が増えていると思います。また津留八の脇の水路が道路整備される度に水が集中的に集まって津留八さんも大変な思いをしていると思います。源川、津留八の前の道路共に県の対応になってしまうと思いますが、県の協力の下、早急に対応して頂きたいと思います。また近年の雨は、1回に降る量が多く、調整池の容量を超える雨が多いと思います。調整池の拡大、又は休耕田を土地買収して調整池の数を増やすなどのなにかしらの対策をお願い致します。

市の対応(回答)

 源川については、作田川の水位の影響を受ける状況にあることから、県では雨坪地区の浸水対策として、源川の整備より下流域の作田川改修事業が重要と考え整備工事が行われています。
 また、源川調整池については、適正な管理をすることを目的とし、堆積土砂の撤去を予定していると聞いています。
 市といたしましては、作田川改修事業のさらなる進捗を求め、また、源川についても必要な対策を講じるよう県と連携し取り組みをしていきたいと考えております。
 御理解くださいますようお願いいたします。

 

山武杉の道について(令和3年8月12日受付)

 県内で蜜にならずに周れる場所を調べていたところ、山武杉の道を歩いてみたいと思い今日伺いました。車で行くため、駐車が見込める古和本郷のお寺を目印に到着しました。
 近辺に到着後、とにかく停められる所をいろいろと探しましたが、全く無く、泣く泣く諦めました。
 松尾駅や成東駅からバスという手はあるのですが、時間が限られています。現実に車で移動しないと人は来ないと思います。
 山武杉の道など貴重な場所があるのに本当に勿体ない事です。せめても途中からスタートできる駐車場完備など何か手段はないのでしょうか?電車とバスなどの移動では、来られる人が限られてしまうと思いますが、何故、この形態なのですか?魅力あるのに何故こんなに放置しているか不明です。

市の対応(回答)

 関東ふれあいの道は、国が管理している関東地方、一都六県をぐるりと一周する長距離自然道となっています。山武市にも4つのコースが存在し、「山武杉の道」もその内の1つのコースとなります。
 今回ご意見をいただきました駐車場完備の件ですが、関東ふれあいの道は、昔ながらの自然の道をコースとして設定しており、自然の景観を最も重視しています。駐車場の整備において、その場所を確保する場合、森林の伐採などで豊かな自然の部分を失ってしまうことや景観が変わってしまうという課題があります。また、利用者の皆さまが実際にどこのポイントからスタートするかは自由であるため、そうした方々の要望に応えた駐車場の整備がなかなか難しい状況となっています。
 今回いただいた駐車場の整備に関するご意見については、今後の関東ふれあいの道の利用者の皆さまの利便性向上に向けて参考とさせていただきます。

 

こども園の土手の草について(令和3年8月15日受付)

 こども園の土手の草が放置されて荒れ放題です。業者には市から頼んで草刈りをお願いいたします。

市の対応(回答)

 除草作業実施により対応いたしました。

 

職員の服装について(令和3年8月25日受付)

 市の職員の方々はスーツで勤務されていることかと思いますが、ドレスコードを廃止してはどうでしょうか。
 最近では三井住友海上がドレスコードを廃止するなど、自由な服装で勤務できる企業が増えています。
 市役所や公務員というとお堅く近付き難いイメージがありますが、ドレスコードを廃止することで親しみやすい雰囲気がでるのではないでしょうか。

市の対応(回答)

 山武市では、式典等公的な行事に参加する際に職員へ上着、ネクタイ着用の指示を出すことはありますが、通常業務において、基本的にドレスコードにあたるものはありません。
 夏季のクールビズによるポロシャツでの就業など、季節により働きやすい服装での就業を行うようにし、業務能率の向上を図っているところとなります。
 いただいたご意見につきましては、参考とさせていただきます。

 

 

令和3年7月

子供広場をつくってほしい(令和3年6月29日受付)

 土、日曜日でも子供と遊びに行けるような室内の施設を作ってほしいです。
 平日は、すぎっこクラブなど何ヶ所かあって有難いのですが・・・
 また、室内施設ですと、管理されている先生方にお話を聞いてもらえたり、他のパパ・ママたちと情報交換できたり、子供達も他の子と一緒に遊べたり、また、何かを協力して作りあげたりと、公園にはないメリットがたくさんあります。
 切実にお願いしたいです!!御検討をよろしくお願いいたします!!

市の対応(回答)

 子どもが遊びながら子育てについての相談や情報交換ができる場所として、山武市が設置している子育て支援センターのうち、「なるとうこども園子育て支援センター」と「おおひらこども園子育て支援センター」については、土曜日も開園日となっています。
 しかし、現在は新型コロナウイルス感染症感染拡大のため休園日となっており、利用することが出来ない状況となっています。
 今後、地域の感染拡大状況などをみながら順次開園していく予定ですので、土曜日の開園が決定しましたら、山武市のホームページや支援センターだより等でお知らせさせていただきます。
 また、さんぶの森文化ホールで定期的に実施している「親子ウクレレ」(掲載ページアドレス:https://www.city.sammu.lg.jp/page/page001722.html)や各図書館で実施している親子参加事業(掲載ページアドレス:https://www.city.sammu.lg.jp/page/page001722.html)もございますので、親子でご一緒に活動し、コミュニティの情報共有場としてご利用していただければと存じます。

 

通学路について(令和3年6月30日受付)

 日向小学校と山武中学校の通学路についてご意見を送ります。
 子供達が新しい通学路として利用していますが、ガードレールは未設置、草刈りもせず、どの道も子供たちが道路に飛び出して登下校しております。
 ガードレールをすぐに設置することは難しいと思いますが、せめて草刈りは自治体の方、又は市の方でお願いします。
 特に山武中学校から八街セブンイレブンへ続く道は、草刈りがされておらず、道路に飛び出す生徒が多いです。あの道は、立て続けに事故がありました。スクールゾーンとして看板もないです。
 八街市のような痛ましい事故が起こる前に安全な対策をどうかお願いいたします。
 ガードレールの設置もお願いいたします。

市の対応(回答)

 歩道、車道を分離するためのガードレール設置につきましては、用地買収等、隣接地権者のご協力が必要となることから、早急な対応が難しい状況にあります。
 山武中学校から八街方面へ向かう道路につきましては、定期的に路肩の除草を行っておりますが、道路に隣接する土地からの竹木が通行に支障をきたしている状況が見受けられますので、市といたしまして、地権者へ状況を説明し、草刈りや枝払い等の措置をお願いしております。場合によっては、市で枝払いを行うなど、安全確保に努めます。
 なお、スピード抑制の路面標示や看板設置等の安全対策につきましては、準備が整い次第、整備を行っておりますので、ご理解くださいますようお願いいたします。

 

山武市サイトに関してパソコンでスマホ用の画面が表示される件について(令和3年7月14日受付)

 山武市のサイトは、スマホ用がhttps://www.city.sammu.lg.jp/sp/で始まるアドレス、パソコン用はspが無いアドレスだと思います。
 パソコンを使って例えば「山武市 コロナ」をGoogle検索すると、spフォルダ内のページが表示されてしまい、文字が巨大でとても見づらいです。
 パソコンでアクセスされた場合は、パソコン用ページが表示されるように改造が可能でしたらお願い致します。
 例えばspフォルダ内のすべてのページは、google検索にヒットしないようにして、.htaccessファイルでスマホからのアクセスである場合のみspフォルダ内のページに切り替える方法等が可能かもしれないと思います。
 ご検討の程お願い申し上げます。

市の対応(回答)

 山武市ウェブサイト表示に関するお問い合わせにつきまして、ご提言いただいた改善方法により対応させていただきました。今後、ウェブサイト等に関するご意見等がございましたら総合政策部秘書広報課広報係までご連絡ください。

 

 

令和3年6月

オリンピック・パラリンピック後のスリランカ国との交流について(令和3年6月14日受付)

 オリンピック・パラリンピック後のスリランカ国との交流について、現時点でどのようにお考えでいらっしゃるのか伺いたく存じます。
 現在は、オリンピック・パラリンピック担当の部署が存在し、そこをメインにして交流事業などを担当されていると存じますが、大会後は、現在の担当部署が行っている交流事務のいくつかを引き継ぐ部署を作るのか、それともグローバルセンターに交流事業は引き渡すような形にするのか、現時点でのお考えを伺いたく存じます。
 また、大会後も交流を続けるお考えがあるのかどうか。あるとしたら、どのような交流をお考えでいらっしゃるか。
 コロナ前はスリランカ国の大臣や議員などの行き来があったようですが、今後も市の予算を使ってこのような交流をするお考えなのか。
 SNECCの高僧との交流もあるようですが、大会後、人の行き来が安全にできるようになった場合には、来日時に市の予算を使っての送迎、交流事業のお考えはあるのかどうか。
 交流を継続する場合は、英語での交流を考えているのか、シンハラ語での交流を考えているのかも伺いたく存じます。

市の対応(回答)

 オリパラ後のスリランカ国との交流については、現在ホストタウン事業を統括する東京オリ・パラ戦略推進室が窓口となっておりますが、来年度以降、室の廃止を含めた見直しが必要と考えています。
 オリ・パラ関連で取組んできた事業を、継続・見直し・廃止の観点から精査し、それぞれの事業を直接的に取組んできた所管課や、見直し後の事業内容に応じて適した部課への移管を想定しています。
 「さんむグローバルセンター」は国際交流の市民団体として設立され、そのお立場での主催事業の他、市が取組むオリ・パラ関連事業にもご協力をいただいてまいりました。
 語学教室など国際交流の機会を市民に促す取組みは、今後も継続を願うところですが、オリ・パラ関連事業を引き継ぐことは想定していません。
 また、スリランカ国との交流にあたって、橋渡し役を担っていただいた方々とのご縁は大切にしたいと考えますし、青少年交流の機会は市の進めるグローカル人材育成の観点からも相応しい事業との認識です。
 今後の交流の在り方については、予算面や対応面での負担軽減を含めた見直しも必要であり、政府等要人との交流機会については内容を改めて精査したうえでの判断となります。

住宅地域内の放置された土地について(令和3年6月17日受付)

 所有者不明の空地が、草藪、竹藪と荒れ地となり、放置され、景観や衛生面を損なわせています。藪には野良猫が住み着き、糞尿をし、またゴミの集積所を荒らすこともあり不衛生です。他にも不法投棄や生き物の死骸なども放置されている可能性があり、不潔な環境となっていると思います。
 荒れた放置土地は、近隣住民の健康を損なう可能性が大きく迷惑であり、あるべきではない。所有者が責任を持ち管理する必要があると思いますが、放置しているがために致し方なく住民が枯れ葉やゴミなど清掃せざるを得なくなっています。
 このような理不尽をなくすため、また放置土地をなくすために山武市に条例を作っていただきたく希望します。
 山武市の環境保全課では、条例がなければ動けない、個人で弁護士に相談したり、所有者を探して対応するようにと言われました。個人ですることなのでしょうか。市民の声を条例がないからと親身にならず対応しない市政に疑問を感じます。

市の対応(回答)

 令和3年6月17日午後2時に立会いのもと現場確認し、空地に関して市が指導できる範囲についてご説明させていただいたところです。
 この度の空地に関しての対応につきましては、先般ご説明したとおり、現在の状況では市がすぐに直接対応することはできないことを何卒ご理解ください。
 今後、対象となる土地に不法投棄や、病害虫の大量発生等が生じた場合など、市民生活に重大な障害があると客観的に判断できる状況を確認した際は、土地所有者へ適正に管理するよう指導して参りますので、その際は担当までご連絡くださいますようお願いいたします。
                        
<参考>
山武市清潔で美しいまちづくりの推進に関する条例
(適正管理の指導)
第17条 市長は、空き地又は空き家(以下「空き地等」という。)が管理不良状態にあり、かつ、市民生活に重大な障害が生ずるおそれがあると認めたときは、その管理者に対し、必要な指導をすることができる。

令和3年5月

高校生等医療費助成制度について(令和3年4月15日受付)

 山武市では現在、「高校生等医療費助成制度」がありますが、この助成制度を利用するにあたり、複雑で申請の負担が大きい状態であるかと思います。
 助成申請手続きをするためには医療を受けた際に、都度申請又は定期的1~2か月に来庁し、書面による申請が必要だと聞いていますが、これでは利用する人の負担や手間が大きいこと、申請忘れが起きてしまうかと思います。
 受給権を発行していただけることが一番だと思いますが、それができないのであれば最初の登録申請の際に本人確認等が取れているはずですので、来庁せずに助成申請できるシステムを作っていただけませんか? (例えば、電子申請やEメールでの申請、その他郵送での申請など)
 良い制度だと思いますので、利用しやすいようよろしくお願いいたします。

市の対応(回答)

 ご意見いただきました「山武市高校生等医療費助成事業」は、高校生等の医療に関する費用を負担する保護者の方の経済的負担を軽減し、より良い子育て環境を充実させるべく山武市独自の事業として実施しているものです。
 このため、県にて事業を実施している「子ども医療費助成事業」と異なり、受給権の発行ができず、保護者の方には医療機関にて医療費支払い後、申請をしていただく必要があります。また、申請の際に添付していただきます領収書(原本)の記載内容等を確認することから、来庁による申請をお願いしているところです。
 なお、現在、新型コロナウイルス感染症予防の点から、郵送による申請につきましても受け付けしております。その場合、申請書に領収書の原本等を添付して送付していただくことになりますが、不備等があった際には、ご連絡させていただくことがありますことをご了承ください。
 今回、制度についてお褒めのお言葉をいただきありがとうございました。今後とも、市としてよりより子育て支援体制の拡充に努めてまいります。

 

個人情報の扱い(令和3年5月10日受付)

 5月7日に広報紙未着の連絡をさせていただきました。その後、配送業務事業者から私の携帯電話に連絡がありました。
 承諾を得ないまま電話番号が使われたことについて、今後このようなことが起こらない対策を希望します。

市の対応(回答)

 個人情報の取り扱いにつきましては、法令等に基づき適正に管理するとされており、改めて職員に個人情報取扱の重要性を徹底し、適切な管理に努めて参ります。

【今後の改善策】
(1) 広報紙が届かないという方から、市役所に電話連絡をいただいた場合、配布する際に必要となる住所、お名前、電話番号を確認し、業務委託先事業者に提供することの承諾を必ずいただくことを改めて徹底するとともに、本人確認記録を作成することとします。この記録につきましては、文書管理規定に基づき適切に廃棄します。
(2) 業務委託先事業者に連絡が入った場合には、業務委託先事業者においても個人情報の扱い及び管理を徹底し、ご本人様の承諾を得ることと合わせ、取得した個人情報は、不要となった場合に廃棄及びその確認を徹底します。

 

オオキンケイギクについて(令和3年5月25日受付)

 オオキンケイギクをご存知ですか?環境省指定の有害特定外来植物で、栽培禁止、駆除植物です。
 市内の路上、空き地、住宅など、国の駆除植物指定など、無関係にいま、最盛期を迎えています。今の時季に駆除しないと、種が拡散して来年はもっと広がります。
 たまたま、市長の自宅近くから宅急便店舗、日向台団地を走行したら、市内でも繁茂地帯になっていました。環境省指定駆除植物が、市長の住宅周辺繁茂地帯では他地域からの来訪者は「さもありなん、さすが、魅力度最低の山武市!」と思うでしょう。
 毎日毎時の防災無線、毎月の広報、回覧板、ゴミゼロ作業など、市民への周知・通達の方法は有り過ぎるが、通知はゼロ!数年前に環境保全課に話に行ったが、ほぼスルー。
 魅力度最低からの脱出は、こんな事からや市職員からも意識改革が必要だと思います。

市の対応(回答)

 特定外来生物であるオオキンケイギクについて、いただいたご意見を踏まえ、繁殖を防ぐため市ホームページにて市民への周知を図ります。

 

 

令和3年4月

子育て応援給付金について(令和3年3月29日受付)

 第2回子育て世帯応援給付金についてですが、なぜ今回は公務員は除外されてしまったのでしょうか?
 山武市に住んでおり、税金も納めているのに公務員だけ除外というのには納得がいきません。
 子育て世帯応援給付金とうたっている以上、子供に対する給付金と受けとれます。子供のいる家庭は平等にもらえる権利がなくてはいけないと思います。
※世帯年収○○円以下などきまりがある給付金なら別問題です。ただ単に公務員は除外という書き方には納得できませんでした。
 主人は公務員であり、1日に何度も病院に行くこともあり、コロナ感染のリスクと戦いながら働いております。このコロナ禍で少しでも体調を崩しただけでも周囲からは感染を疑われ、辛い思いもしてきました。主人も2週間ほど仕事を休んでいたりと家計にも少なからず影響は出ております。主人が公務員の家庭は経済的負担がないとお考えなのでしょうか?
 私達家族は今もなお、感染の危険の不安を抱えながら生活しております。
 危険がある職業だからと言って手当が発生する訳もなく、子供に対する給付金も除外され、こちらとしては本当に悔しい気持ちでいっぱいです。

市の対応(回答)

 お問い合わせいただきました「令和2年度第2回山武市子育て世帯応援給付金」は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて所得が減少し、真に経済的困窮を極めている子育て世帯の経済的負担を軽減することを目的に、臨時的特例的な給付措置として実施したものです。支給については、対象者に給付金の受給の意思の確認をしたうえで支給をしております。
 このため、新型コロナウイルス感染症の影響により給与を減額されることがない公務員及び児童手当額が減額されている特例給付受給者については、対象者から除外しました。
 今回の給付金の趣旨について、ご理解いただきますようお願いいたします。

 

西小学校の利用の決定などについて(令和3年4月12日受付)

 この4月上旬、西小学校の利用は「千葉県農業学校」に貸すとのことを知りました。
 校舎の利用をどうするのか関心がありました。まったく、いつどこで決定されたか、丁寧な説明がなされなかった。市民の声は聴いていますか?市民へどういう形でお知らせしたか教えてほしい。
 広報は4月から、結果のみの報告で「全戸配布に変更」。趣旨など丁寧な説明がないままに終わっています。市民に寄り添うメッセージが不足。即伝達をすべきと考えます。市長の説明不足としか考えられません。

市の対応(回答)

 

○山武西小学校跡地利用の周知について
  平成30年6月頃に、千葉県から、千葉県立農業大学校の本校舎改修期間の代替校舎としての借用について申し入れがあり、公益事業を目的とするものであったことから、令和3年4月から令和4年12月末日まで貸し出しを行うことについて方針を決定しました。
この方針について令和2年3月に市議会へ報告を行い、同年12月9日に山武西小学校学区内の区長・自治会長様を対象として説明会を開催し了解を得ているところです。
なお、千葉県から、令和2年2月までの公表を控えるよう申し入れがあったことから、市民の皆様に情報が届きにくい状況となってしまったことはお詫びします。
今後の農業大学校への貸出期間満了後の跡地利用の検討においては、地域の皆さまからご意見などを頂きながら利活用を図ることとしております。


○広報紙の配布方法の変更について
 「広報さんむ」は、市内全てのご家庭に市政や行政情報をより多くの方に届けることを目的として、全戸配布をシルバー人材センターに委託しました。
従来は、新聞折込による配布を行っていましたが、新聞購読をされていない方も多くなったことから変更したものです。
配布方法の変更については、1月から3月号の「広報さんむ」及び4月1日付けの新聞折込で周知をさせていただきました。
ご理解賜りますようお願いいたします。

 

リサイクル倉庫について(令和3年4月12日受付)

 市役所や各出張所に設置しているリサイクル倉庫ですが、もっとキレイなものにならないでしょうか。
 現在のリサイクル倉庫は、さびついたコンテナがポツンと置かれている感じです。最近では、食品スーパーやアパレル企業でもリサイクルスペースを設置していますが、どこも見た目もキレイで明るい気持ちで利用できます。
 そんなに高い物でなくていいと思いますので、見た目もキレイで利用者が明るい気持ちで利用できる物に替えていただきたいです

市の対応(回答)

 当市のリサイクル倉庫は設置から十数年が経過し、ご指摘のとおり経年劣化が進んでいるのが現状です。
 また、市民の方のリサイクルに対する関心が年々高くなり、リサイクル倉庫を利用される方が増加しています。
 市としましても、限られた範囲での対応となりますが、市民の方が気持ち良く利用できるようなリサイクル倉庫となるよう努めてまいります。

ゴミ袋について(令和3年4月12日受付)

・可燃ゴミのゴミ袋の値段を下げてほしい。
・山武市で統一したゴミ袋にしてほしい。

市の対応(回答)

○可燃ごみのごみ袋の値段を下げてほしい
 山武郡市環境衛生組合エリアの可燃ごみ袋(大1枚40枚・小1枚30円)にはごみ処理手数料が含まれております。
 専用の袋を購入していただくことで手数料を頂いておりますので、他の袋で出されたごみについては、回収は行っておりません。
 なお、ごみ袋に処理手数料を含めて販売することにより、ごみの排出量の抑制を図っております。
 また、可燃ごみの袋の値段を資源ごみ等の他の袋の値段より高くすることにより、分別の促進及び資源回収量の増加を期待しております。
 可燃物の排出量が少なくなれば、焼却施設の規模も小さく抑えられ、焼却灰を埋め立てる最終処分場の延命化を図ることも可能です。焼却処分量の削減は、温室効果ガスの排出抑制にも寄与します。
 袋の金額については、可燃大1枚50円だった物を、平成19年4月に近隣市町を参考に1枚40円にしております。
 最後に料金の見直しにつきましては、社会情勢や近隣市町のごみ袋料金状況等の変化に応じて検討していきます。
 ご理解とご協力をお願いします。

○山武市で統一したごみ袋にしてほしい。
 山武市では山武、松尾及び蓮沼地域のごみ処理は山武郡市環境衛生組合で、成東地域のごみ処理は東金市外三市町清掃組合と、2か所のごみ処理施設を使用していることから、処理できるごみ分別の種類及びごみ収集が異なっています。
 ごのようなことから、各ごみ処理施設まで適正に収集運搬できるようごみ袋を区別しているため、現段階ではごみ袋の統一化を実現することはできません。
 今後、山武市内のごみ処理施設が1か所となった場合は市内統一のごみ袋となる予定です。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは秘書広報課です。

市役所本館2階 〒289-1392 千葉県山武市殿台296番地

電話番号:【秘書係】0475-80ー1291 【広報係】0475-80-0152 ファックス番号:0475-82-2107(代)

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

山武市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る