子育て支援

子どもを育てるために必要なサポート、子どもに必要な教育を受けさせるためのサポート制度を紹介します。

児童手当

児童手当は、日本の国の制度で、山武市内に住所があり、中学校3年生まで(15歳になった日以降の最初の3月31日まで)の子どもを育てている方がもらえる手当です。子どもの人数、年齢または収入によって金額が計算されて払われます。
児童手当をもらうには申請が必要です。
児童手当は、申請した月の次の月の分から払われます。生まれた日、転入した次の日のから15日以内に申請すれば、生まれた日・転入した日の翌月分から支給します。

※申請方法については、子育て支援課に聞いてください。

子ども医療費の助成

山武市に住所がある中学校3年生までの(15歳になった日以降の最初の3月31日までの間にある)お子さんを対象に、申請により受給券を発行します。
病院で、受給券と健康保険証を見せると、受診する場合の医療費を助成します。

※申請方法などについては、子育て支援課までお問い合わせください。

高校生等医療費の助成

山武市に住所があり、15歳になった日以降の最初の4月1日から18歳になった日以降の最初の3月31日までの間にある学校に通っているお子さん(中学生以下は対象外です)を対象に、支払った医療費の一部を助成します。
助成を受けるには、登録申請が必要です。

※申請方法などについては、子育て支援課までお問い合わせください。

保育施設の利用

子どもの親が働いていたり、病気などの理由で、昼間にお子さんを家庭で面倒を見ることができないとき、子どもを預かり保育する施設です。保育施設に預けることができる年齢や時間は、施設ごとに決まっています。詳しくは子育て支援課に聞いてください。
保育施設には、認定こども園、保育園、小規模保育事業所の3種類があります。

申込方法

  1. 市役所で申込案内をもらってください。なお、申込案内は市のホームページからもダウンロードできます。
    URL:http://www.city.sammu.lg.jp
  2. 申込書を記入し、市役所へ提出してください。そのとき、すでに仕事をしている方は就労証明書(働いていることの証明書)、病気などの方は、その状況がわかる資料を同時に提出してください。

締切

  1. 4月に入園したい場合⇒12月の決められた締切日までに書類を提出。
  2. 5月以降に入園したい場合⇒入園を希望する月の前の月の10日までに書類を提出。(2月・3月に入園を希望する場合は、前の年の12月10日までに書類を提出。)

利用者する人が支払う金額(保育料)等

前の年の住民税の課税された内容により、保育料は変わります。収入や年齢によっては無料の場合もありますが、給食費(昼食やおやつ代金)は負担する必要があります。

幼稚園

小学校入学前の幼児を対象とした教育施設として幼稚園があります。
市立幼稚園の入園対象者は、満3歳から5歳までです。

申込方法

  1. 市役所で申込案内をもらってください。なお、申込案内は市のホームページからもダウンロードできます。
    URL:http://www.city.sammu.lg.jp
  2. 申込書などに記入し、市役所へ提出してください。詳細は、ホームページをご覧になるか、子育て支援課に聞いてください。

締切

  1. 4月に入園を希望する場合⇒12月上旬の決められた締切日までに書類を提出。
  2. 5月以降に入園を希望する場合⇒入園を希望する月の前月の10日までに書類を提出。(2月・3月に入園を希望する人は、前の年の12月10日までに書類を提出。)

利用者する人が支払う金額(保育料)等

保育料は無料ですが給食費(昼食代)は負担する必要はあります。

学童クラブ

小学校1年生から6年生までの子どもが対象。親が働いているなどの理由で、放課後に家庭で保育できない場合、子どもを預かる施設です。利用に当たっての条件等については、子育て支援課までお問い合わせください。

Please return a terminal to the original position if you finish using it.

使い終わりましたら、端末を元の位置に戻してください。