1. ホーム>
  2. 市長室>
  3. 市民の声>
  4. 市民の声(令和元年度分)

市民の声

市民の声(令和元年度分)

 市へ寄せられたご意見、ご要望等(市長への手紙等)のうち、主なご意見、ご要望等の要旨とそれらに対する市の回答を、個人情報等に留意した上で、回答した月の翌月以降に公表しています。

令和2年3月

市内小・中学校における新型コロナウイルス感染症の対応について

 児童生徒に発症者が確認された場合は、原則として学級閉鎖とする旨のお知らせが本日ありましたが、校内で感染者が発生してから学級閉鎖では対応が遅いと思います。
 クルーズ船での感染の勢いを見れば、クラスで感染者が出たときには、クラス内のほとんどが感染していると思います。そうなった場合、最初の感染者の子や家族はいじめや嫌がらせを受ける可能性もあります。それを防ぐために、登校するか自宅学習をするかを各家庭の判断で選べるようにしていただきたいと思います。卒業式という大きな行事もあるため、批判も多数あると思います。
 しかし、日本より感染者数が少ない香港・台湾・ベトナムはすでに全国的に休校の措置が取られています。日本は文部科学省の決定がないと(休校等の)判断はできないのでしょうか。
 我が家には現在、小学2年とこども園年長の子供がおります。
 市の判断を待たずに、3月からもしくはこの3連休中の感染拡大の状況によっては2月25日(火)から学校とこども園を休ませようと思っています。
 小学生の子供には、ラインズeライブラリアドバンスや市販のワークで自宅学習させ、外出を控えて過ごしたいと考えています。
 私たち家族のように学校を休ませたいと考えている人はこの市内ではおそらく少数で、過保護・変人のように思わるかもしれません。それでも私たちは構いませんが、少しでも不安に思っている保護者の方が、子供の登校するしないを人の目を気にせず選べるように市からアナウンスをしていただけると幸いです。
 子供が感染した場合、重症化しない保証はありません。中国では持病のない若者も子供も亡くなっています。
 市長には思い切った決断をしていただきたいと思っております。
 よろしくお願いします。

市の対応(回答)

 新型コロナウイルス感染症に係る対応につきまして、既に市内全校等で実施していますとおり、児童生徒の健康を守るため、山武市内すべての小中学校を3月2日(月)から3月24日(火)の間、臨時休校とします。臨時休校中は、不要不急の外出を控え、体調管理に十分留意しながら、家で過ごすようにお願いいたします。
 また、家庭での学習については、学校から指示があったとおり進めていただきますようお願いいたします。
 なお、ご家庭の状況を考慮し、小学校の低学年等の児童を対象に、ご家庭で面倒を見ることが困難な場合は、一定の条件がありますが、学校での受入も可能です。学校にご相談ください。
 ご理解・ご協力をお願い申し上げます。

 

 

休校について

 萩生田文科相から「市町村の単位で複数の感染者が出ている場合に、思い切って一つの市あるいは町を学校ごとお休みするという事も一つの選択肢に入れてほしい」とご意見がありますが、成田空港が近いので既に感染者が拡大していると思います。
 潜伏期間が長く、今現在は症状がわかりません。
 この段階で休校措置を取らなければ子供から親、親から祖父母、地域の方へどんどん拡大します。死者も出るでしょう。
 更に病院も数少ないので、医療崩壊も起こるでしょう。
  市民の事をもっと考えて動いてください。予想する能力を身につけてください。

市の対応(回答)

 新型コロナウイルス感染症に係る対応につきまして、既に市内全校等で実施していますとおり、児童生徒の健康を守るため、山武市内すべての小中学校を3月2日(月)から3月24日(火)の間、臨時休校とします。臨時休校中は、不要不急の外出を控え、体調管理に十分留意しながら、家で過ごすようにお願いいたします。
 なお、ご家庭の状況を考慮し、小学校の低学年等の児童を対象に、ご家庭で面倒を見ることが困難な場合は、一定の条件がありますが、学校での受入も可能です。学校にご相談ください。
 ご理解・ご協力をお願い申し上げます。

 

 

公告式条例について

 条例、規則の公告方法が市役所と各出張所の掲示場になっていますが、わざわざ4ヶ所に掲示する必要があるのでしょうか。
 確認してみればわかることですが、掲示場なんて市民は誰も見ていません。公告の目的は市民に知らしめることなんですから、今ならインターネットに掲載する方法に変えたらどうでしょうか。
 もしくは、どうしても掲示するなら、4ヶ所じゃなくてせめて本庁舎の一ヶ所にするべきではないでしょうか。どんどん時代変化に合わせた事務効率を図るべきだと思います。

市の対応(回答)

 条例及び規則の交付や規程等を公表するため、現在、掲示場については、山武市役所の掲示場のほか、3つの出張所の掲示場を合わせ、計4か所設置しています。
 従来から、事務の省力化に向けて取り組んでいるところでありますが、このたびの市長への手紙に記載のある「時代変化に合わせた事務効率を図る」というご意見を参考とさせていただき、今後、掲示場の機能集約などについて、業務の効率化や減量化、市民サービスの質の維持・向上といった観点を踏まえ、検討していきたいと考えています。

 

 

新型コロナウイルス関連の広報について

 新聞の折り込み広告に、コロナウイルスに関する市からのお知らせを入れていただけること、大変ありがたく思っております。
 一つお願いがあります。大切なお知らせなのに、文字の色が薄くて読みにくいのです。
 若い方は気づかない(不便を感じない)かもしれませんが、年を重ねてくると、コントラストがハッキリしないものがとても見にくくなるのです。大切なお知らせなのですから、くっきりした色で印刷していただけないでしょうか。高齢者が多い山武市、誰もが読みやすいハッキリした文字にしていただけると助かります。
 ご検討いただけると幸いです。

 

市の対応(回答)

 頂きましたご意見を参考として、分かりやすい行政情報の提供に努めてまいります。

 

 

図書について

 ITの図書を蓮沼交流センターの図書室にもまわしてください。

 

市の対応(回答)

 蓮沼交流センターで松尾図書館の本の受け取り予約が可能ですのでご利用ください。(65歳以上のため、電話での予約も可能)

 

オンライン診療について

 医師会のない山武市に在住する事への不安
・今回の新型コロナ感染の拡大は、日増しに多くなっています。かかりつけの病院及び通院中の病院も全て市外です。
・整形外科、眼科、内科、皮膚科に通院していましたが、オンライン診療を日本政府が認めたので利用しています。山武市内、医療センターでオンライン診療を実施されていますか。
・各病院及び薬局はクラスター予防をされています。

 

市の対応(回答)

 お問い合わせのありました件についてですが、山武市には、山武市三師会(医師・歯科医師・薬剤師)があります。
 市内の医療機関がオンライン診療を実施しているか市では把握しておりません。

 

 

移住について

 近い将来、松戸市から山武市へ移住したいと考えておりますが、助成金などありますか?

 

市の対応(回答)

 山武市では、移住される方へ直接、助成金などを支給する制度は現在ございません。
 しかしながら、山武市へ移住される方の住宅取得に要する費用や、市民の方の住居にかかる費用の一部を支援する制度がございますので、主なものを紹介させていただきます。
 なお、詳細な条件などにつきましては、市ホームページ(※)をご覧いただくか、担当係または専用メールアドレスまで、お気軽にお問合せください。
(※一部、新年度の受付期間前のため、公開準備中のものがあります。)
○山武市三世代同居等支援補助金(令和2年度新規事業)
 中学校以下の子の転入により、三世代が市内で同居または近居する場合の住宅取得等費用を補助するもの。
○山武市結婚新生活支援補助金
 令和2年1月1日以降に婚姻した夫婦の住宅費用や引越し費用を補助するもの。
○市内産木材利用促進事業補助金
 市内産木材を利用した住宅の取得等に要する費用を補助するもの。
○山武市住宅リフォーム補助制度
 市内業者が施工する住宅リフォームに要する費用を補助するもの。

 

 

令和2年2月

海岸沿いの防砂林

意見があります。
松くい虫の被害により松が枯れ防砂林は荒れ放題です。
景観も悪く歩道もあるのに雑草で歩ける状況ではありません。
管理をちゃんとしてほしいと思っています。
特に近年は松くい虫の被害が多発していると思われるので松の植樹より外の樹木などがいいのではないかと思っております。
私的には孟宗竹などがよいのではないかと思っております。
検討いただけましたら幸いです。

市の対応(回答)

 ご意見いただきましたとおり、本須賀地区をはじめとした九十九里海岸の県有保安林におきましては、松くい虫の被害や東日本大震災の津波による被害により、松が枯れてしまっている状況にあります。
 現在、県では失われてしまった保安林の機能を回復する為、九十九里地域海岸県有再生計画に基づき、砂丘の造成と植栽を進めているところです。

 歩道の雑草の件につきましては、おそらく本須賀地区の保安林管理道のことを指しているかと思われますが、本来、松林の管理作業の為に設置された「作業道」という位置付けの為、作業時以外の刈払い等は実施していない状況です。
 現在、本須賀地区では前線部より植栽作業を進めており、今後、内陸側への植栽を進める際には、管理道の整備についても検討して参ります。

 植栽の樹種につきましては、クロマツは風や潮に強く厳しい環境でも生育できることから、特に海岸前線部などの厳しい環境での植栽に使用されていますが、ご指摘のとおり、松くい虫の被害を受ける樹種でもあります。
 県ではその対策として、松くい虫被害に強い品種である抵抗性クロマツの植栽を進めるとともに、併せてトベラ、マサキ等の低木の広葉樹も混ぜた植栽を進めています。
 また、内陸側の比較的環境がよい区域については、高木の広葉樹の植栽を検討しており、現在、試験植栽を実施しているところです。
 今後、試験植栽の結果などをもとに、海岸の保安林として、より適した樹種の検討を進めていきたいと考えておりますので、ご理解の程よろしくお願い致します。

 

 

苦言

 1週間ほど前、農林水産課へ狸を捕獲したく捕獲機を借りに行きました。担当者は紙切れを出し、住所・氏名・電話を書いてくれと言います。
 そのまま帰りましたが、1週間待っても音沙汰が無いので昨日(1/29)伺いますと、今日連絡が取れたと言います。1週間もほったらかしておいて、何の連絡も無いということは何ですか?と問うと、猟友会の方と連絡が取れなかったと意味の無い返事です。
 私の聞いているのはお願いした私への連絡が無かったことの質問です。更に質問しました。いつ来ていただけるのですか?猟友会の方で決めるので私には分かりません。と他人事のようにつれない返事。
 話題を変えて、捕獲した場合次の日には取りに来てくれるのですか?と尋ねると、分かりません。猟友会の方に任せています。他人任せの返事。では、来てくれるまで私が餌と水を与え飼っているのですか?と聞くと、水も餌も与えないでください。
では、処分はどうするのですか?タヌキは有害鳥獣ではないので逃がすか、個人が殺すかしてください。そのまま水に沈めてもと言います。(有害動物ではないなら捕獲はできないので捕獲機は貸せない。はじめから言えば良いのに言葉足らずです。)
 ハクビシンも来ていますが、これは駆除の対象ですね?と聞きますと、タヌキの処分と同じ答えです。全くやる気が無い職員で呆れて帰ってきました。
 市長さん、ここで提案です。
 市民が困っているのですから、その係に配属された職員に鳥獣捕獲の免許を取らせて対応していただきたい。でなかったら、今所得税の確定申告の期間ですが、この期間中税務署は各市町村の税務課長を臨時税理士に任命して申告事務を取り扱わせています。
これと同じように、その係になった職員又は担当課長を臨時に鳥獣捕獲の免許を与えるシステムを県と協議し、市民が困らないように対処してください。

市の対応(回答)

 ご提案の「係に配属された職員に鳥獣捕獲の免許を取らせて対応していただきたい。」(臨時税理士に任命するのと同じようにやれないか)という部分については、県に相談いたしまして指導・助言を仰ぎたいと存じます。
 次に、捕獲器の貸出しについてですが、農林水産課では、鳥獣により農地・農作物に被害が生じた場合には、有害鳥獣駆除を猟友会にお願いしています。
 罠による駆除には資格(狩猟免許)が必要なので、市役所農林水産課で相談を受けたときは、農地近くの猟友会の方に情報をお伝えします。
 連絡を受けた猟友会の方は現地に赴き、被害を受けている農家の方と協議して罠を仕掛ける等の方法で駆除に当たります。
 よって、狩猟免許を有しない市民の方に対しては、罠(捕獲器)の貸出しは行っていません。
 また、これらの駆除は、駆除頭数などを定め、県の許可を受けた計画に沿って実施(無闇に捕らえることはできません)します。
 農業被害以外の「家の中にハクビシンが入ってしまい困っている。」などの相談については環境保全課が窓口となって駆除業者を紹介することとしています。

 

動画による市のPRについて

 YouTubeなどの動画を用いた市のPRを行ってほしいです。
 現在市のPRは、ホームページ上で字と画像だけで市の紹介を行っていると思います。これはこれでいいのかもしれませんが、山武市について動画でまとめた媒体で広報した方が、見る人にはわかりやすくとっつき易いと思います。
 県内でも大きな自治体は、動画で広報をしています。
 是非、動画によるPRを取り入れていただきたいです。ご検討宜しくお願いします。

市の対応(回答)

 ご意見ありがとうございます。
 ご意見のとおり、動画は、スマートフォンやタブレットなどで手軽に視聴でき、子供から高齢の方まで、わかりやすく伝えることができる手段かと思います。
 山武市においても、情報発信力の強化は重要な課題であり、優先的に取り組むこととしております。
 山武市の魅力をより効果的に発信するため、動画の作成や各種メディアの活用について、今後も検討を進めてまいります。

 

新型肺炎コロナウイルスについて

 コロナウイルス対策について意見を申し上げます。
 現在、幼稚園、保育園、学校は通常通りですが臨時的に休校措置の検討はしておりますか?
 無症状キャリアがいるそうなので、早急に対策をしていただきたいです。
 山武市は同居をしている世帯も多いので、子供(孫)→祖父母へ感染し、最悪死に至るケースが出るかもしれません。
 国はあてにならないので、せめて市は最悪を想定して動いていただきたいと思います。
 どこの自治体よりもお年寄りが多いと思います。一度感染が広まれば収集がつかない事態になりかねないです。
 幼稚園、保育園、学校を今すぐ休校にしてください。このままでは無症状キャリアから感染が拡大します。
 未来ある子供達を守ってください。お願いいたします。
 参考までに内海学校さんのYouTubeを見てください。

市の対応(回答)

新型コロナウイルス感染症に関しましては、国や県の通知、指示、連絡等により、山武市では対応しています。子供たちが通っている幼稚園・保育園、小・中学校において、新型コロナウイルス感染症が発生した場合には、国や県と相談し、休園・休校などの臨時的措置を取ることとしています。
 幼稚園・保育園においては、ご家庭で保育が可能な場合は、感染などの恐れを心配して自主的にお子様を休ませることは、可能であると考えます。そのような場合は、通っている園に連絡をお願いします。
 小・中学校においては、児童生徒に発症者が確認された場合は、状況に応じて学級閉鎖・学年閉鎖・休校のいずれかの対応をとります。また、教職員に発症者が確認された場合も同様です。
 お子様が発熱等の風邪の症状が見られるときには、無理をさせず自宅で休養させてください。なお、お子様が医療機関において新型コロナウイルスに感染していると診断された場合は、出席停止扱いとなりますが、風邪の症状や37.5度以上の発熱が、4日以上続いた場合、強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合も状況に応じて、学校長が必要と認めた場合には出席停止扱いとなります。
感染予防対策としては、手洗い・うがいの励行、校外学習や学校行事等の配慮をしておりますが、御家庭の状況や子どもたちの体調は様々です。今まで以上に家庭と学校の連携を密にしていくことが大切になっていると考えますので、ご理解・ご協力をお願い申し上げます。

 

令和2年1月

掲載はございません。

令和元年12月

令和元年12月4日 養豚場周辺の拡散する腐臭並びにハエ発生源の低減・除去に関する市の指導のお願いについて

被害は、(1)食事が出来ない腐臭、(2)洗濯物に腐臭が付く(ランドリーで乾燥せざるを得ない時もある)、(3)ハエが飛散して家の中に入ってくる、(4)養豚場周辺の排水路は腐敗水が溜まってドブの臭いが満ちている等です。
 公害に関しては、雑音であれ放射能であれ計測にて関知可能だが、腐臭については具体的な数値がない。是非現場にて理解していただくしかないと考える。
 近隣の人は不満はいっぱいだが、苦言は出さない。
 調査するもよし。
 環境衛生担当部署にあっては、是非この事を理解いただき、早急な対処をお願いする。
 自然災害は致し方ないが、産業による公害は何としても低減すべきであり、人災は抑制が可能である。
 指摘の地域は風光明媚な九十九里海岸を要し、観光での満足度を高め、再訪を促す良き風土だと考える。

市の対応(回答)

ご指摘の地区につきましては、環境部局に確認したところ、用途地域に該当していないため悪臭防止法の適用はないとのことです。
畜産農場につきましては飼養衛生管理基準の遵守が義務付けられており、千葉県東部家畜保健衛生所に定期報告が行われておりますが、今回の意見については事業者の方に伝えさせていただきます。
また、必要に応じては、千葉県東部家畜保健衛生所および千葉県山武農業事務所の畜産専門職員と確認を行います。

 

令和元年12月9日 市内県道市道の補修について

市内各所の道路を走行していると、穴の開いた箇所や路面がうねっている箇所、脇の家の生垣等の植栽が路面にはみ出している箇所等の気になる場所が多いのですが、いつまでも補修がされていない箇所が多い。
 市の土木課は何もしていないように思えてなりません。走行調査や目視確認等の調査はしていないのですか?
 私に何処の箇所ですか?と聞く前に調査すれば、何処が補修工事をしなければいけないかわかるはずですよね。

市の対応(回答)

市道の補修につきましては、道路パトロールや、市民からの情報等により、現地確認のうえ対応している状況です。
小規模な補修であれば、応急的に即時対応し舗装の打ち換えなど、大規模な修繕が必要な場合は、予算措置等の問題もございますのでお時間を頂いております。
市内では、大規模な修繕が必要な路線が多数ございますので、幹線道路や通学路を優先し、かつ、ひび割れや凸凹などの状況を考慮し、予算の範囲内で実施個所を選定しています。
県道の補修につきましては、市のパトロールの他、市民から情報提供があり次第、随時、山武土木事務所へ報告を行っており、県においても道路パトロールを行っていると聞いております。
県道・市道ともに、広範囲のため把握していない場合もございますので、ご一報いただけると助かります。
また、市で把握している場所(市道)であれば、現在の状況を回答できますので、よろしくお願いします。

 

令和元年12月18日 10月25日の作田川氾濫に関して

10月25日の豪雨により、山武市森地域は大変な洪水に見舞われました。我が家は床上70cmの浸水となり、まだ復旧に至っていません。
 作田川は過去にも度々氾濫しており、二級河川であることから千葉県が主体となって「二級河川 作田川水系 河川整備計画 平成19年2月22日策定  平成27年7月29日変更」による改修工事が行われておりました。残念なことにこの工事は途中で中断?状態にあると認識しております。このことについて千葉県ホームページの「防災・安全・安心」コーナーから工事再開の時期、今回の被害を受けて計画見直しの有無を問い合わせたところ、以下のような回答を得ました。
『作田川については、河口から源川合流点までの15.4km区間で、時間雨量50mmの降雨に対応する河川整備を実施しており、これまでに河口から成東揠までの10月4日kmが概成しております。現在、この整備済み区間の上流にある成東揠橋の架け替え工事を行っているところです。
 上流部については、点検・巡視を行い、必要に応じて除草や樹木の伐採、堆積土砂撤去を行うなど、適正な維持管理に努めるとともに、下流部の整備進捗を図りながら工事着手時期を検討いたします。
 なお、10月25日の大雨による浸水範囲と降雨量の観測記録を用いて、浸水に至ったメカニズムの検証を実施しているところです。』
 今回の豪雨はかつて無い雨量だったと思いますが、千葉県に対して市からも早期に工事を再開し、計画を完成させることを強く要望してほしいと考えます。
 平日昼間の出来事だったので、日向幼稚園・日向小学校の園児・児童らが学校に取り残され、水陸両用車による救出活動状況が全国ネットのニュース話題になりました。不名誉なことです。
 従来からもその場所は、作田川が氾濫すると通行はできません。
 前向きなご検討をお願いいたします。

市の対応(回答)

10月25日の豪雨により、浸水被害に遭われたという事で心よりお見舞い申し上げます。
 また、日頃より本市土木行政にご理解、ご協力をいただきありがとうございます。
 さて、作田川改修工事につきましてはご理解のとおり千葉県が主体となり、事業を実施しております。
 現在、作田川改修工事は、山武市板附付近において成東堰橋に関する工事を実施しております。
 市といたしましては、作田川の流域に関する市町で作田川改修期成同盟会を設立し、毎年度、国及び千葉県に対し、作田川改修事業の早期完成、治水事業に関する財源の大幅な確保を要望しております。
 作田川氾濫の現状に鑑み、引き続き作田川改修事業の早期完成に向け、関係市町と連携し、国県に対して強く働きかけをして参りますので、ご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

 

令和元年11月

令和元年9月12日 防災放送について

台風15号に関する防災放送が何度か流されていますが、当地区では山彦の関係や飛行機のエンジン音等で「何か言っている」程度で内容は判断つきません。
9月9日夕方の放送においても、給水の放送のように聞き取れたのでとりあえず松尾出張所へ行ってみたところ、案の定給水を実施していました。2時間30分並んで6リットルの水をいただきましたが、非常に段取りが悪いと感じました。数名の職員がいましたが、特に誘導や説明もなく突っ立っていたように見えました。
9月10日の朝も給水情報を収集しようとしましたが、市のホームページには記載はなく、山武郡市広域水道企業団のホームページでは“横芝光町は7時30分、山武市は9時30分から給水開始”と記載されていました。同じ轍を踏むことのないよう8時頃横芝光町役場へ行くと、給水車が3台あり、職員の誘導でスムーズに給水ができました。個々人の資質や問題もあると思いますが、危機管理体制が出来ているように感じました。(9日の松尾出張所での給水時には、救急搬送された方が2名いらっしゃいます。)
防災放送の機器貸出はあるようですが、今回の停電で使えたのでしょうか。

市の対応(回答)

防災行政無線屋外スピーカーは、地形や気象の状況により聞き取りにくい場合があります。
 対策として市では、戸別受信機の貸出を行っております。
 戸別受信機は、停電時に備え電池での使用も可能となっております。今後は、停電時に備え使用方法についても広報誌などでお知らせを行う予定です。
 現在、戸別受信機については、要望が非常に多く年度内での貸し出しが困難な状況となっております。
 防災行政無線の他に情報伝達手段としては、市ホームページや安心・安全メールなどがあります。安心・安全メールの登録方法を添付しますので参考にしてください。
 台風15号発災直後の給水情報の周知において、大変ご迷惑をおかけいたしました。今回頂いたご意見も踏まえ、今後の災害における市民の皆さまに、迅速な対応ができるよう尽力いたします。

 

10月23日 子供たちの通学路について

台風15号の影響で下戸田バス停より山を登って帰る際、土砂崩れが発生しました。そこしか帰る道がありません。大雨などが降った日は地盤が緩んで、いつまた土砂崩れが起こるかわからない状態です。どうか、土砂崩れ防止の塀(ブロック)を作っていただけませんか?
 そこの道も麻生新田も街灯が少なく、子供たちが夕方帰る時間には真っ暗になってしまいます。子供たちだけで帰らせるのは心配なので、街灯も増やしてほしいのが今の現状です。

市の対応(回答)

下戸田バス停付近から麻生新田へ通じる道路は、平成22年度に地元地区から道路整備の要望があり、事業化へ向けて平成27年度に測量業務を発注いたしました。
 しかしながら、道路に隣接する地権者様との境界同意が得られないため、事業化に至っておりません。
 ご要望の土砂崩れ防止の塀(ブロック)につきましても、道路境界が決まらない限り施工が難しい状況にあります。
 市といたしましても、現場の状況を把握しておりますので、危険排除を目的とした定期的な道路パトロールを実施するとともに、道路整備の事業化へ向けた取組みを検討してまいりますので、ご理解を賜りますようお願いします。
 また、防犯灯の新設につきましては、山武市防犯灯設置基準により、地区の代表者である区長又は自治会長の申請(要望書)に基づき設置をしています。
なお、ご要望のありました現地を確認したところ、緊急性が高く、通学路として防犯灯の設置が必要と思われます。
つきましては、今回は、市と当該地域の区長様で設置場所等を相談した上で、防犯灯を設置させていただきます。

 

令和元年10月

令和元年9月10日 地域民生委員児童委員協議会親睦旅行について

 私は民生委員をしています。
 昨年、地域民生委員の研修旅行不参加者から1万円を徴収する旨の葉書が届きました。不参加者からお金を徴収することについておかしいと思い、いろいろな方々(他地域及び他市の民生委員、一般の方等)に聞いたところ、誰もが「おかしい」という意見でした。
 私は早速元市会議員に相談し、現議員を通じて市から不合理な行事を撤回していただくようお願いしていたのですが、話が通っていなかったのか、今年も同じ内容の葉書が届きました。
 昨年は研修内容を知ろうと思い旅行に参加しましたが、内容は親睦旅行だったため今回は参加しないことにしました。今後もこのような理不尽な事態が続くようならば、今後民生委員を引き受ける方は非常に少なくなっていくことと懸念いたします。現に、3年前に民生委員になった方が、「民生委員の趣旨が違うと思うので、今期のみで辞める」ということも聞きました。
 このような不遇事態を速やかに撤回していただきたく申し上げます。

市の対応(回答)

各地域の民生委員児童委員協議会の活動は、それぞれの協議会内で決定し行っているものであるため、該当地域の民生委員児童委員協議会会長にご意見が市の方にあった旨をお伝えし、ぜひ協議会内で話し合っていただけるよう依頼いたしました。

 

令和元年9月12日受付 市内の停車について

 台風15号により市内では大停電が発生し、市民の生命を守るため尽力されておられることと存じます。
 旧山武町地域では、毎年のように停電が発生しており、倒木が原因となることが多いと思います。
 手入れがされないまま伸び放題の杉の高木付近に設置されている電柱・電線について、高木の伐採や電線の地下埋設などの推進をお願いします。
 また、市ホームページで、給水や携帯電話の充電スポット等について案内されておりますが、停電下において市民に伝わっているのでしょうか。
 事情により家族を残して移住している身であるため、テレビニュース等を見るにつけ非常に心配です。
 一刻も早いインフラ復旧を促進いただくようよろしくお願いいたします。

市の対応(回答)

 災害における市民への情報伝達手段としましては、防災行政無線、市ホームページ、安心安全メール、ツイッター等での情報発信を行っています。
 今回の台風15号では、長期間にわたる停電と携帯電話がつながりづらい状況下にありましたが、停電地域を中心に公用車や消防団車両による広報活動を実施しました。
 また、電線(道路)周辺の樹木伐採や電柱地中化についての取り組みについては、先進自治体事例などを参考として行いたいと考えております。

 

令和元年9月13日受付 今回の台風15号による市の対応について

  • 携帯電話の充電対応がどこの市町村よりも遅かった。
  • テレビについても、NHK等全く観ることができず、可能になったのは9月10日以降であった。
  • 私と娘は、現在市にお世話になっている障害者の一人であるが、給水のために9日及び10日の日中暑い中外で並んだ。娘の体調が悪くなったため、市の職員の方に福祉センター内で休ませてもらえないかと申し出たが、そういうのは一切ないと断られた。避難所もなく、困り果てて車の中でクーラーをつけて待っているしかなく、障害者に対しての扱いがあまりにも他人事である。人に優しく接する立場の市が、障害者にお粗末な対応をとり、酷い市であると情けなくなった。
  • 年金手続の関係で福祉課へ電話をすると、「用件は何ですか」と面倒くさい対応であった。切手を添付し自分で投函するよう説明されたが、説明された切手の金額は間違えていた。障害者をバカにしている態度であり、自分の仕事が忙しくても二度とこのような態度はやめていただきたい。
  • 女性職員でも対応できると言われたが、障害を持っていると不安である。好きで障害者になった訳ではないので、(職員は障害者に対して)優しさが必要ではないか。職員も台風の被害者かもしれないが、対応するのは職務ではないのか。
  • 今回の台風による防災無線について、環境保全課職員の放送がよい。女性の放送は何を話しているのか全然わからない。
  • 緑海にある四天尊様(寺)では、避難場所として市民にオープンにしている。また、近所の善意により、ポンプをつけて公園の井戸水を供給している。伊藤園さんは麦茶を配布してくれている。市も考えた方がよい。
  • 横になれる場所(避難所等)をつくってほしい。

市の対応(回答)

台風時において、携帯電話の充電は大切な連絡手段であり、貴重な情報源と考えております。本市においては、停電の翌日である10日から充電対応が可能となっております。今回の経験や近隣市町の状況を踏まえ、今後の対応に活かしていきたいと考えております。
来庁時に体調が悪くなったとのことですが、災害時・平常時を問わず親切・丁寧な対応が必要と考えております。お客様が来庁された時は、庁舎・保健福祉センターも停電しており空調を使うことができませんでした。今後は配慮を必要としている方に対し、適切な支援ができるように心がけていきます。
年金手続の件につきましても、各種手続きに関する案内においても、様々な人の事情に配慮しながら、わかりやすい説明を心がけていきます。

 

令和元年9月25日受付 災害弱者について

今回の大規模停電によって、たくさんの人が大変な思いをされたと思います。
 我が家には医療ケアの必要な子供がいます。電気が確保できないと機材の充電もままなりません。
 幸い、我が家には太陽光発電がありましたので、日中の充電と最悪の場合は車での充電により機材の電力は何とかできました。
 我が家の子供は、気管切開をして「カニューレ」という管をいれてそこから呼吸をしています。
 以前には寝ている最中に自分でカニューレを抜いてしまい、呼吸困難になってしまったこともありました。
 平時であれば電気をつけ、夫婦で対処をすれば何とかなりますが、今回のような災害時ではさすがに平時と同じように出来る自信はありません。電気もつかない、懐中電灯による薄暗い中、これらの環境下でいつも通りなんて難しいのです。毎日、子供が寝返りを打つたびに目が覚め、子供の様子を見たり、寝苦しいと首元に手がいってしまうので団扇などで扇いだりと疲れを取ることもままなりません。
 我が家の場合は、気をつけて頑張れば何とかなる問題でした。
 しかし、我が家は生後1歳までは、酸素精製機、呼吸器、呼吸器に付属する加湿器、酸素量や脈拍を測るモニターなど、たくさんの機材を使っていました。これらの機材を使っているときに、今回のような災害に見舞われていたと考えるととても恐ろしいことだったと思ってやみません。災害時にこのような方がいたであろうことは明白で、その方々の心中は察するに余りあるものだとも思います。
 今回検討いただきたいのは、災害時に電気を必要とされている医療ケアの必要な方々に電力供給が少しでも行えるように、蓄電池及び発電のできる太陽光などの助成金をお願いしたいのです。
 日々ケアで大変な思いをされている方に、災害時でも電力の確保が自宅で出来る安心を是非ともお願いいたします。

市の対応(回答)

現在山武市では、太陽光発電システム設置及び定置用リチウムイオン蓄電システム(蓄電池)の設置補助制度があります。本制度を活用していただき、緊急時に備えていただければと思います。
また、今回の事例を課題とし、災害時の対応として検討していきたいと考えています。

 

令和元年10月9日受付 野焼きの被害

野焼きか家庭でのごみ焼きにより、悪臭と煙で気分が悪くなったり、洗濯物や車に灰が付き、非常に困っております。どうか対応対処お願いいたします。

市の対応(回答)

ご意見いただいた野外焼却行為は、廃棄物の処理及び清掃に関する法律において禁止されている行為であり、行政指導の対象となります。
指導するにあたりまして、実際に行っている時でないと行為者等が特定できないため、再度野外焼却行為を確認できましたら至急環境保全課までご連絡ください。夜間や早朝、土日祝日などの市役所閉庁時には、警察に通報ください。
また、今後現場へ立ち入る際の参考として、お分りのようでしたら発生場所の枝番や行為者氏名を教えていただけますと幸いです。どうぞよろしくお願いします。

 

令和元年10月17日受付 山武市の公園について

成東地区に子供がしっかりと遊べる公園が欲しいです。遊具等ここにしかない魅力的な物で、他の地域から人が来る公園を望んでいます。
財源確保は大変かもしれませんが、魅力的にしたら自ずと人は集まるかと思います。

市の対応(回答)

山武市には、現在大小含め138カ所の公園がございます。
 公園の遊具については、法令に基づき安全点検が必要とされており、事故防止に努めているところです。事故の瑕疵責任が重大であることから、原則点検において問題が確認された際に撤去の方向で管理を行っており、職員などが常駐する公園や常時人通りがある公園など、常に人の目が行き届き、安全が確保できる公園に限って、遊具を再設置しております。
 成東地区の職員が常駐する公園としては、成東総合運動公園がございます。成東総合運動公園では、今年度大型遊具を設置いたしましたので、ご利用ください。
 また、成東地区ではございませんが、さんぶの森公園には大型の滑り台などが設置されておりますので、こちらも併せてご利用ください。
 今後とも魅力ある公園整備に努めていきますので、ご理解ご協力賜りますようお願い申し上げます。

 

令和元年10月21日受付 さんぶの森元気館周辺の壊れた看板の除去について

台風の影響で元気館周辺の全管連(全国管工事業組合連合会)の看板が壊れてブリキの板などが周囲に散らばっています。少しの風の影響で飛びそうです。非常に危険です。除去していただけないでしょうか。市の持ち物ではないことは重々承知しております。
台風の後、道路に落ちていたものを危険だということで、邪魔にならない所へ住民が移動しています。美杉野地区には、その他の全管連の関連の看板や建物など、台風で壊れそうなものが沢山あります。行政指導を行い、壊れそうな看板の除去などをお願いします。よろしくお願いします。

市の対応(回答)

損壊した看板について、当市より管理会社へ連絡したところ、管理会社が遠方のため撤去等に時間を要するとのことでしたが、管理会社にて対応する旨回答をいただきました。
また、その他管理会社が管理すべき施設等についても適切に管理いただくようご連絡させていただきました。

 

令和元年9月

令和元年9月19日 JR東金線の改善案

東金線の改善案を提案します。利用促進や利便性向上が高まると思われますので、JR東日本に要請及び協力をお願いします。

  • 東京駅または千葉駅方面の列車と直通を拡大して一体化を図る。
  • 東京駅へは1日1往復設定の京葉線直通が誉田駅で分割・連結するが、それを全列車かつ終日に亘り拡大する。千葉駅の直通も確かに多いが、大網駅発着も多く、特に通勤ピーク時には無いため、乗り換えが必然になってる。外房線の輸送力が不足しそうならば、京葉線直通による普通列車などの成東駅+大網駅行もよい。併せて大網駅4番線の10両に対応や分割・連結を対応可能にするべきである。なお通勤快速、または快速による直通があるが、引き続き残すべきである。通勤快速で千葉みなと駅、快速で新習志野駅停車も求めてほしい。
  • 終電を繰り下げるライバル関係にあたるバスに対抗するためである。現状では、バスの方が遅く到着可能である。
  • 駅の行先案内を現状の運行設定を反映して表示設定する。→茂原駅や佐倉駅、銚子駅など定期列車で100%無いのも幾つか見受けられる。勘違い防止や認知症向上の為にも必要である。

市の対応(回答)

JR東日本の運行ダイヤや施設等の要望については、県内各路線の沿線自治体で要望内容を取りまとめ、JR東日本千葉支社へ要望活動を行っています。
今回いただきましたご意見、ご提案については、JR東日本千葉支社への要望の際の参考とさせていただきたいと考えております。

 

令和元年8月

令和元年8月5日 ガソリンの携行缶販売の不可について

今日、種々の事件、事故が多く不安が多いのが現状ですが、最近ガソリンスタンドで携行缶へのガソリンの販売が規制されたことにより、災害用発電機やスクーターで使用する携行缶でのガソリンが販売されなくなり、遠方のスタンドまで行かねばなりません(特に災害用発電の燃料は問題です)。
私はこの土地に居住して30年近くになりますが、当初日向駅周辺には4店のガソリンスタンドがありましたが、今は0店です。結局隣の市で購入せざるを得ないため、そのお金は地元には落ちず他市町へ流れてしまっています。なんとも無駄であり勿体無いことです。このような状況では山武市は益々経済が疲弊し、衰退の一途をたどっていくようです。このようなことから日向駅周辺に市政でガソリンスタンドを開設できるような方法ができないものかと考えます。災害時の問題としても、ガソリンが必要となる場合が多々あると思います。
現状では、山武市から他都市への流通が増えてしまい、山武市は益々衰えてしまいそうでなりません。将来の展望がまるでなく、若い人もいつかいなくなり、益々人口が減少すると考えられます。

市の対応(回答)

当市では災害時の燃料確保として、避難所で必要となる燃料は中核給油所(災害対応型給油所、災害対応能力を強化したサービスステーション)からの優先的な入手や市内給油事業者と災害時の協定を締結するなどで対応しております。
ガソリン携行缶による新たな規制につきましては、消防庁ホームページ等を閲覧する限りではそのような情報の掲載は確認できませんでした。

 

8月5日受付 スリランカ人の居住について

スリランカとの姉妹都市関係も結構ですが、スリランカ人が居住することに際し、日本の生活ルールをきちんと教育指導して頂きたい。

市の対応(回答)

山武市へ住民登録の手続きを行う際に、英語及びシンハラ語標記のゴミ出しルールを配付しております。その他、くらしの便利帳、山武市業務案内、地区への加入について、山武市防災情報、ハザードマップ、安心安全メールのご案内、公共交通マップ、保健事業案内、総合計画、観光パンフ、千葉県ハンドブックの各種資料についても配布しております。
なお、具体的なお困りごとがございましたら、各担当課において相談及び対応させていただきたいと思います。

 

8月6日受付 2020年聖火リレーのセレブレーションについて

成東城は、千葉氏の家臣である印東四郎が築城されたという説があり、一度廃城後、千葉勝胤により再興され、その子胤定が入り、成東八郎を称したと伝わっているようです。
その千葉氏は、福島県の相馬氏と関係があり、ぜひ南相馬市の「相馬の馬追い」をセレブレーション会場同市で一部分的に出来たらと思いこの度ご進言申し上げました。
また、スリランカのホストタウンでもある山武市は、来年事前キャンプがある予定ですが、英会話講座として、朝のニュース番組の1コーナーで有名な親しみのあるわかりやすいスリランカ出身のウィッキーさんに、短期でもよいのでオリンピック前にご依頼のご進言申し上げます。

市の対応(回答)

来年の7月2日に東京オリンピックの聖火リレーと併せて、セレブレーションが本市を会場に行われることになり、これまでの取組みが実を結んだものと喜んでいるところです。
 これから、セレブレーションイベントの仕切り役となる千葉県を中心に、オリンピック組織委員会やスポンサー企業等との打ち合わせを通じて、山武市や山武地域の魅力を世界に発信できるよう努めてまいります。
 また、市民向け英会話講座につきましては、市主催の「英語ボランティア育成講座」を英検準2級程度の有資格者を対象に、その他の希望者を対象とした外国語講座(日本語・英語・シンハラ語)を、さんむグローバルセンター(市内の国際交流組織)で定期的に開催しているところです。
 なお、ご進言のあったウイッキーさんには、2018年3月に国際理解をテーマとした講演をお願いした経緯がございます。8月3日に開催された「スリランカフェスティバル2019」の開会セレモニーで同席した際にも、司会者から「日本で一番有名なスリランカ人といえる方」との紹介がありました。
 オリンピックの開会まで1年を切り、オール山武でスリランカの事前キャンプ地としての機運を高める機会に、「親しみのあるゲスト」としてまたご縁があればと思う次第です。

 

8月8日受付 カーブミラーの管理について

山武市内の交通事故防止の為の反射鏡(カーブミラー)の中に、木の枝で視界が妨げられている所がありますので対処してください。

市の対応(回答)

カーブミラーに限らず道路パトロールをしておりますが、行き届いていないところがありご迷惑をおかけしました。
今後もお気づきの際はご連絡いただければと思います。

 

8月8日受付 道路工事後の問題について

東三叉路の道路工事で、新しく道路になる部分が現在の道路面より10cm位高くなっています。
駅前の信号付近は排水路が埋まってしまっている所もあり、水はけが悪くて困っています。大雨の時などには、新しい部分が土手になってしまわないか心配しています。

市の対応(回答)

ご指摘の箇所に関しましては、千葉県が管理する道路及び工事になります。ご意見ございましたことにつきましては、山武土木事務所にお伝えいたします。
また、今後も工事等ご迷惑をおかけすることとなりますが、ご理解とご協力をいただけるようお願いいたします。

 

8月8日受付 職員の電話対応について

市役所に電話をした時に、非常に声の小さい人がいることがあります。電話の送話口をはずして話をしているのではないでしょうか。高齢者が多くなっていますので、きちんとした対応をしていただきたいです。

市の対応(回答)

 この度は職員の電話対応につきまして、不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした。
 職員に対しましては、市民の皆様の立場に立った対応をするよう接遇研修を実施しているところですが、至らぬ点をご指摘いただき、まだまだ徹底されていないものと認識しております。
 今後につきましても、引き続き研修内容の充実を図りながら、併せて電話対応マナーについても周知徹底し、職員の資質向上に努めてまいります。

 

8月8日受付 総武本線について

総武本線(JR東日本)について要請及び協力をお願いします。利用促進や利便性向上が期待できるでしょう。

【特急列車】

  • しおさいにすべてグリーン車を連結し、車両もすべて9両編成にする。
  • 本数を2往復程度を増発する。
  • 品川駅発着を基本にする。→山手線はもちろん、東海道新幹線や羽田空港方面の京急線が乗り入れており、乗り換えもわかりやすい。
  • 座席未指定が導入された際には、料金設定を50キロ500円台にする。→「スワローあかぎ」や「ひたち」はすでに導入されており、成田エクスプレスも含め料金設定の検討が必要。
  • 普通列車との接続の機会を増やす。→短距離や通過の駅から利用者促進があります。

【普通列車】

  • 初電と終電を除き、佐倉駅発着にする。
  • 佐倉駅-銚子駅の運行を基本にする。
  • 成東駅発着の快速を各駅停車にする。
  • 千葉駅-佐倉駅は成田空港駅方面へ直通の総武線快速と直通運行の一体化にし、かつ直通の佐倉駅発着も全時間帯に設ける。
  • 同駅で総武線快速の東京駅方面の列車を接続する。
  • 同駅を2面3線式に拡張改良する。→幕張駅や東十条駅でみられる構造です。同一ホームで乗り換えできるため、折り返し列車は真ん中発着が好ましいはずです。

市の対応(回答)

JR東日本の運行ダイヤや施設等の要望については、県内各路線の沿線自治体で要望内容を取りまとめ、JR東日本千葉支社へ要望活動を行っています。
今回いただきましたご意見、ご提案については、JR東日本千葉支社への要望の際の参考とさせていただきたいと考えております。

 

8月20日受付 ペットの糞害について

山武市に別荘を所有し2年ほど経ちます。その別荘の周辺や海岸に続く道に、糞が放置してあります。さらには砂浜にまで…。
 のんびりと早朝の散歩を楽しんでいると、犬を連れて自転車に乗っている人が、犬に糞をさせてそのまま立ち去ります。折角の綺麗な景観も台無しに思います。
 山武市では犬の糞は放置してもよいのですか?
糞が落ちている場所(地図添付有)の一部ですが、現地に行かれるとおわかりになるかと思います。現地を確認いただき、放置をしないように注意喚起と取り締まりを要望します。

市の対応(回答)

山武市(千葉県)でも、ペットの糞の後片づけは飼い主の方が実施することになっております。
 早速ご指摘の場所を確認させていただきました。
 飼い主の意識改善のため、啓発用の看板を設置し、また市の広報紙などでも飼い主の方への啓発を実施していきます。

 

8月23日受付 見通しの悪い道路へのミラー設置

車で見通しの悪い道路を使用することが多いのですが、行き交う車同士で出合い頭に正面衝突しそうでいつもヒヤヒヤして通行しています。
ミラーを設置してもらえると助かりますが、どこに問い合わせたりお願いすればよいのかわかりません。要望を出すにはどうすればよいのか教えてください。

市の対応(回答)

カーブミラーの管理は、土木課となっております。
 新規要望につきましては、申請書を記入の上、土木課へ提出してください。
※申請者は、地元区長・自治会長等の申請になります。

 

令和元年7月

掲載はございません。

 

令和元年6月

令和元年6月6日 ごみ収集について

 ごみ収集の際、袋が切れてしまいゴミが脱落してしまうのか、ゴミが散乱しています。
 最近では、この暑さゆえに、水洗いなどをしましたが、我慢できなく意見をさせていただきました。

市の対応(回答)

 山武郡市環境衛生組合担当者に確認した結果、ゴミ回収業者が集積場所に到着する前からゴミが散乱していたため、地域の方での対応(清掃)をお願いしたいと説明がありました。
 カラスなどの動物に荒らされた可能性があるため、ネット購入を提案し、区長からの申請により、ネット購入費用の半分を市が補助できる等の案内をいたしました。

 

令和元年5月

令和元年5月20日 住民票の取得について

別世帯の家族の戸籍謄本と住民票が必要なため市役所に来たが、住民票は(世帯が違うため)委任状がないと発行できないと説明されました。
私は(世帯は違うが)同居しており、実子でもあります。
窓口では、(住民票の取り扱いは)日本全国同様であるとの説明ですが、役所の規則自体がおかしいと思われます。是非とも改正すべきです。

市の対応(回答)

  1. 住民票の写しの交付について
    住民票の写しの交付につきましては、住民基本台帳法の規定に基づき交付しています。住民基本台帳法において、住民票の写しを請求できる方は、「本人又は同一世帯員の方」とされ、それ以外の方が請求する場合は、請求者の依頼によることを明示するため、委任状等の書面を提出することとされています。このため、同一住所に居住していても、世帯を分けていて、住民票では別世帯となっている場合は、親子であっても委任状が必要となります。
    なお、全国の自治体においても、住民基本台帳法の規定に基づき事務処理を行っていますので、本市と同様の取り扱いであると考えますが、やむを得ない理由により委任状を提出することができない場合には、「委任状に代わる書類で代替えしてもよい」とされていることから、別様式の書面で確認している自治体もあり得ると考えられます。
  2. 戸籍謄本の交付について
    戸籍謄本の交付につきましては、戸籍法に基づき交付しています。戸籍法において、戸籍謄本は「戸籍に記載されている方、またはその配偶者、直系尊属(父母、祖父母等)若しくは直系卑属(子、孫等)の交付の請求ができる」とされています。
    本市においては、上記のとおり、住民基本台帳法及び戸籍法の規定に基づき事務処理を行っていますので、別世帯の方の住民票の写しのご請求には委任状が必要となります。

 

平成31年4月

平成31年4月8日受付 地域振興策等の早期実現に関する要望書について

成田空港の機能強化に伴う19年冬ダイヤ容認が、19年1月に山武市として容認されたところです。これを踏まえ、山武市・山武市議会が国土交通大臣・千葉県知事・成田空港社長に対し6項目の表記要望書を提出されておりますが、それぞれの機関からの回答がありましたら教えていただきたい。

市の対応(回答)

山武市、山武市議会では、航空機騒音下住民の不安解消を前提に、成田国際空港の成長が地域住民の生活環境向上となるよう「地域振興等の早期実現に関する要望書」を平成31年2月に国土交通大臣、千葉県知事、成田国際空港(株)代表取締役社長あてに提出いたしました。要望した項目は、防音対策、空港周辺対策交付金、規制緩和、空港内従業員の雇用、観光地の整備及び推進、空港に向かう道路等の整備についての6項目になります。なお。この要望に対し各関係機関からの回答は今のところございませんが、今後成田国際空港の更なる機能強化が進むなかで、要望した内容が取り込まれているか見守っていきたいと思います。ご意見ありがとうございます。

 

平成31年4月10日受付 液体ミルクの配布について

乳児健診で期限の近づいた液体ミルクの配布をされる予定があると伺いました。
 これは、試供品に該当する可能性がありますが、「母乳代用品のマーケティングに関する国際基準」によると、「母親に試供品を提供してはならない」とあります。母乳育児の妨げになる恐れがあることについて、皆様が自任されていらっしゃらないかと危惧し、失礼かと思いますが連絡させていただきました。
 国際基準については、https://bonyuikuji.net/?p=317(新しいウインドウで開きます)で概要を閲覧することが可能です。
 今後も定期的に配布を予定されているのでしょうか。お手すきの際にでも経緯をお伺いすることはできますか。

市の対応(回答)

WHOコードに接触しないよう日本栄養士会に確認したうえで、場所を限定し、モニタリング形式で試飲を実施することの同意のもとに行いました。
モニタリング調査の際には、アンケート用紙を配付し、母乳育児の妨げにならないように配慮しつつ、母乳で育てている方には母乳のみにしていただくよう案内をしております。
今後も事前に使用することで、災害時に母親に安心して使ってもらえるよう乳児健診等に併せてモニタリング調査を実施する予定であります。

 

平成30年度分

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは秘書広報課です。

市役所本館2階 〒289-1392 千葉県山武市殿台296番地

電話番号:【秘書係】0475-80ー1291 【広報係】0475-80-0152 ファックス番号:0475-82-2107(代)

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

山武市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る