トップページ > 組織で探す > 課税課 > 税証明のコンビニ交付について

税証明のコンビニ交付について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月4日

一部の税証明書がコンビニエンスストアで取れるようになりました 

税証明書のコンビニ交付とは  

住基カードを利用して、税証明書をコンビニエンスストアのマルチコピー機で取得できるサービスです。

コンビニ交付の詳細やサービスの利用申請についてはこちら(コンビニ証明書交付サービス)をご覧ください。

※既に住民票のコンビニ交付サービスの利用申請をされている方は、新たに申請をする必要はありません。

交付できる税証明書

所得課税証明書、所得証明書、課税(非課税)証明書、児童手当用所得証明の4種類です。

課税(非課税)証明書については、課税されている方には課税証明書が、非課税の方には非課税証明書が発行されます。

※コンビニ交付ができる税証明書は最新年度の証明書のみとなります。過去の年度の証明書が必要な方は市役所窓口での発行となります。

コンビニ交付と窓口交付の違い

コンビニ交付と市役所窓口での交付では証明書を取得できる時間と手数料が違います。

 コンビニ交付窓口交付
取得できる時間6時30分~23時 ※ 平日の8時30分~17時15分
手数料1通200円1通300円

※12月29日から1月3日、及び点検日を除く