トップページ > 組織で探す > 消防防災課 > 津波警報・津波注意報の発表が変わりました

津波警報・津波注意報の発表が変わりました

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年3月7日

 気象庁は、平成25年3月7日から津波警報・津波注意報を改善し、運用を開始しました。

 気象庁では、津波警報を発表する際、巨大地震が発生した場合には、予想される津波の高さを数値ではなく、「巨大」や「高い」という言葉で発表します。

 「巨大」という言葉を使った大津波警報が発表された時は、東日本大震災のような巨大な津波が襲うおそれがあります。直ちに海や河川から遠くへ逃げるか、高い場所へ避難してください。

 また、津波が観測されたときには観測情報を発表します。「観測中」と発表された場合はこれから高い津波が来ると考えて警戒を続けましょう。

 津波警報は、震源が沿岸に近いと津波の到達に間に合わないこともあります。海のそばで強い揺れや弱くても長い揺れを感じたら、直ちに高いところへ避難を始めてください。

詳しくは、気象庁ホームページ(http://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/joho/tsunamiinfo.html)または、銚子地方気象台防災業務課(電話:0479–23-7705)へお問い合わせください。

津波警報等一覧表