トップページ > 組織で探す > 市民課 > 住民基本台帳ネットワークシステム

住民基本台帳ネットワークシステム

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月1日

担当窓口

本庁 市民課電話番号0475-80-1141
山武出張所電話番号0475-89-3600
蓮沼出張所電話番号0475-86-3111
松尾出張所電話番号0479-80-7117
窓口受付時間:午前8時30分から午後5時15分
注)機械処理の都合上、午後5時10分頃までにお越しください。

住民基本台帳ネットワークシステムについて

 住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)は、住民の皆様の4情報(氏名、性別、生年月日、住所)と住民票に新たに記載された住民票コードにより、全国共通の本人確認を行うための地方公共団体共同のシステムです。市町村の区域を越えた住民基本台帳に関する事務処理を行うことにより、住民の皆さまの負担を軽減し、行政事務の効率化・省力化を実現するものです。
 平成14年8月5日の第1次稼動により、恩給の支給や雇用保険の給付、児童手当の支給、旅券の申請などの事務で、住民票の写しの添付等が省略できるようになりました。たとえば、旅券の発行申請の場合、従来は本籍地記載の住民票の写しを添付しなければなりませんでしたが、千葉県では、平成15年4月から住基ネットでの検索を承諾すれば、住民票の写しの添付を省略できるようになりました。
  平成15年8月25日からの本格稼動により次のサービスが追加されました。
  • 住民票の写しの広域交付
    全国の市区町村(住基ネット未接続市町村を除きます。)で住民票の写しがとれます。
  • 住民基本台帳カード(住基カード)
    住基カードは、市区町村長が交付する本人確認書類として広く活用することができます。
  • 転入転出手続の簡素化
    事前に「特例による転出届」を転出地に郵送しておけば、転入地に「特例による転入届出」することで住所異動手続きができます。

住民基本台帳ネットワークにおける個人情報保護について

 住基ネットは、住民の皆様の大切な個人情報を取り扱うことから、個人情報の保護を最も重要な課題にあげています。そのため、個人情報保護に関する国際的な基準を十分踏まえたうえで、万全の個人情報保護の対策を行うこととしています。

制度面

  • 本人確認情報の提出先及び利用目的を法律により具体的に限定しています。
  • 本人確認情報の提出先が、その情報を目的外利用することを禁止しています。
  • 民間部門での住民票コードの利用を禁止しています。

技術面

  • 専用回線の利用、ファイアウォールの設置により外部からの不正進入を防止し、通信相手となるコンピュータとの相互認証を図ることにより、通信相手のなりすましを防ぎます。
  • 操作者用ICカードやパスワード等の管理を徹底し、コンピュータの使用記録を保存することにより、操作者の厳重な確認をします。

住民基本台帳ネットワークシステム関連のリンク

総務省のホームページ
http://www.soumu.go.jp/c-gyousei/daityo/index.html

住民票の写しの広域交付

 いままで、住民票の写しの交付は、住民登録のある市区町村に限られていました。しかし、平成15年8月25日からは、全国どこの市区町村でも交付を受けられるようになりました。

  1. 申請について
    住基ネットを接続している市区町村で、申請書とあわせて、住基カード、運転免許証などを窓口で提示して下さい。
  2. 請求できるもの
    本人や同一世帯の住民票の写し(本籍表示が省略されているもの)の交付が受けられます。改製原住民票や住民票除票はとれません。
    注)本籍表示が省略されていない住民票の写しが必要な場合は、住民登録のある市区町村で申請してください。
  3. 交付手数料
    山武市の窓口で請求した場合は、300円です。(市区町村によって、手数料は異なります。)

引越しの場合の手続きが簡略化(特例による転出届)

  他の市区町村に引っ越す場合には、今住んでいる市区町村で転出証明書の交付を受けた後、転入市区町村で転入届を行う必要がありました。しかし、マイナンバーカード・住基カードを持っている方はあらかじめ転出する市区町村に「転出届」を郵送することにより、直接転入市区町村で手続きが出来るようになりました。

  1. 申請について
    はじめに、転出する市区町村へ特例による転出届(山武市から転出される方は様式をダウンロードしてご利用ください。)を郵送します。次に、転出する市区町村に郵送が到着したころを見計らって、転入市区町村へ特例による転入届をしてください。
  2. 転入市区町村で必要なもの
    マイナンバーカード・住基カードの提示及び暗証番号の入力が必要です(マイナンバーカード・住基カードが一時停止の場合は受付できません)。また、マイナンバーカード・住基カードは転入市区町村で継続利用手続きをしてください。 (マイナンバーカード・住基カード継続利用には一定の期間内に手続きする必要があります)
  3. その他の手続き
    国民健康保険、国民年金、介護保険、税関係で別途転出市区町村の窓口に来ていただく必要がある場合もあります。