トップページ > 組織で探す > 市民課 > 証明書コンビニ交付サービス一時停止のお知らせ

証明書コンビニ交付サービス一時停止のお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月13日

コンビニ交付サービスの一時停止について

 システムのプログラム更新作業のため、次の期間はコンビニエンスストアでの証明書交付サービスを停止させていただきます。
 ご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

 停止期間

 9月21日(木曜日) 午前6時30分から9月22日(金曜日) 午前9時00分まで 

コンビニ交付サービスとは

 個人番号カード/住基カードを利用して、住民票の写し、印鑑登録証明書、税証明書及び戸籍の証明書をコンビニエンスストアで取得できるサービスです。

*証明書コンビニ交付サービスを実施している事業者はこちら

取得できる証明書

 住民票の写し(世帯全員・世帯の一部)、印鑑登録証明書(カード所有者本人のみ)、所得(課税)証明書及び戸籍証明書(全員・一部)を取得できます。

※マイナンバーや住民票コード、氏名変更などの履歴をのせた住民票や住民票の除票を取得することはできません。このような住民票が必要な場合は、窓口へお越しください。

※戸籍証明書は山武市に住所・本籍の両方がある方のみです。

※住民票の交付制限などの手続きをされている方および同一世帯の方はコンビニ交付サービスをご利用いただけません。

 内容コンビニ交付手数料窓口での手数料
住民票謄本ご本人を含む世帯全員記載

1通200円

1通300円

住民票抄本ご本人を含む世帯員のうち一部記載
印鑑登録証明書ご本人の印鑑登録証明書(登録している方のみ)
所得課税証明書ご本人の所得額、課税額等が記載された証明
所得証明書ご本人の所得額が記載された証明
課税(非課税)証明書

ご本人の課税額が記載された証明

(非課税の方は非課税証明)

児童手当用所得証明児童手当用の証明
戸籍全部事項証明書戸籍内の全員が記載されている証明

1通450円

戸籍個人事項証明書戸籍内の一部の人が記載されている証明

利用できるコンビニエンスストア

  山武市内だけでなく全国のコンビニエンスストア店舗でご利用いただけます。

【サービス利用可能店舗】

全国の

・セブン-イレブン

・ローソン  ※ローソン100は対象外です。

・サークルK、サンクス

・ファミリーマート

・セーブオン

・ミニストップ

※いずれの事業者も、マルチコピー機を設置していない店舗は対象外です。

利用できる時間

 6時30分から23時  (戸籍は下記時間、12月29日から1月3日及びシステムメンテナンス日を除く)

  ※戸籍証明書のみ月曜日から金曜日(祝日を除く)の9時から17時  (12月29日から1月3日及びシステムメンテナンス日を除く)

 なお、上記の時間帯であってもメンテナンス等のためサービスを停止することがあります。

セキュリティ対策

・申請から受領までのすべての手続きをマルチコピー機で行うので、周りの人の目に触れません。

・マルチコピー機の画面や音声、アラームでお知らせし、カードや証明書の取り忘れを防止しています。

・専用の通信ネットワークを利用しているほか、通信内容の暗号化を行っています。

必要な手続き

個人番号カード交付時に暗証番号の設定が必要となります。

(個人番号カードの交付に伴い、住基カードのコンビニ交付の新規登録は現在行っておりません)

利用できる方

 ・山武市に住民登録があり、個人番号カード/住基カードをお持ちの方 

  ※住基カードは、平成27年12月28日までにコンビニ交付の登録をされた方に限ります。

  ・15歳以上の方及び成年被後見人でない方

注意事項

証明書について

・市役所で発行している証明書とは異なる用紙を使用しています。(A4サイズの普通用紙に改ざん防止処理を施したものが発行されます)

・住民票などで1通につき複数枚となる場合、ホチキス止めはされません。証明書の枠外に印字される通番とページ番号でひと綴りのものと識別します。(認証印は最終ページにのみ押印されます)

・市の手数料条例により手数料が免除となる場合でも、コンビニ交付による証明書取得の場合は交付手数料がかかります(後からの返金はできません)。

・戸籍の届出をされた場合、証明書の交付までに数日かかります。

カードについて

・個人番号カード/住基カードの暗証番号の管理には十分注意してください。

・住基カードを紛失された場合は、お早めに警察署と市役所へご連絡ください。

・個人番号カードを紛失した際は、マイナンバーコールセンター(0570-783-578)までご連絡ください。暗証番号も同時に漏れた場合、他人に証明書を取得されてしまう恐れがあります。

・暗証番号を一定回数以上誤った場合、サービスの利用ができなくなります。利用を再開するにはご本人が個人番号カード/住基カードと本人確認書類を持参し、暗証番号再設定の手続きが必要です。

参考ページ

地方公共団体情報システム機構 https://www.lg-waps.jp/01-00.html