トップページ > 組織で探す > 企画政策課 > 地方創生ワークショップについて

地方創生ワークショップについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月20日

ワークショップの開催に当たって

 市では、人口減少克服と地方創生を成し遂げるために、山武市まち・ひと・しごと創生総合戦略の策定を進めているところです。策定に当たっては、人口の現状分析や将来推計、産業の状況等を踏まえながら、必要な施策の検討を行っています。

 この策定プロセスにおいて、最大限に市民の方の意見を取り入れるために、今回ワークショップという手法を用いることで、多くの市民の方にご協力いただきたいと考えています。

ワークショップとは

 ワークショップとは、多数の人々が集まり、付箋やペン、地図等の道具を使いながら、議論を深めていく会議方法のことです。道具を使い、意見を「見える化」することで、創造性を高め、課題解決に向けて大きく議論を進めることができます。

 ワークショップを通じて、行政だけではなく、産官学金労言といった多くの方々の知恵を結集し、具体的な施策を検討・反映していきます。

第1回ワークショップ「山武(さんむ)の未来を考える-みんなの集い」

 第1回地方創生ワークショップは、「山武(さんむ)の未来を考える-みんなの集い」として開催しました。

会議の目的

 人口推計から見える未来像、アンケートやインタビューの結果を共有し、山武市の魅力づくりにつながる具体的な案のリストをつくる。

会議の概要

・日   時  平成27年7月22日(水曜日)及び23日(木曜日)18時00分から20時00分

・場   所  山武市役所 第7会議室

・参加者数  合計38人(22日は18人、23日は20人)

・内   容

ステップ時間内容
1.導入15分全体説明/スケジュールと、今回のワークショップの目的を知り、アイスブレーキング(自己紹介)をします。
2.山武市の人口ビジョン15分山武市の人口ビジョンについて、現状と未来像を理解します。アンケートやインタビューの結果も共有します。
3.他の地域の成功事例15分地域づくりのアイデア出しの参考として、他地域での成功事例を紹介します。
4.アイデア出し      30から45分グループに分かれて、山武市の魅力を向上し、流入人口を増加させ、流出人口を食い止めるためのアイデアを「批判なし」でどんどん出して、付箋に書いていきます。
5.重要度投票ランキング15から30分1人3票をもって、他のグループを見ながら、効果的だと思うアイデアに投票します。最後に、その結果をグループ別に発表して、特に人気があったアイデアについて共有します。

第2回ワークショップ「山武(さんむ)の未来を考える」

 第2回地方創生ワークショップは、「山武(さんむ)の未来を考える」として開催しました。これまでのヒアリングやアンケート、第1回ワークショップを通じて、創生総合戦略の骨子案を取りまとめましたので、この骨子案の内容を現実的なものにするため、第2回ワークショップを開催し市民の皆様からの声を反映させるものです。

会議の目的

 創生総合戦略骨子案で掲げられた4つの柱と概要を理解し、より効果のある具体的な事業・活動案のリストをつくる。(住民主体でできることをより重視)

会議の概要

・日   時  平成27年10月20日(火曜日)18時00分から20時00分

・場   所  山武市役所 大会議室

・対 象 者  どなたでも参加できます。

・内   容

ステップ時間内容
1.導入15分全体説明/スケジュールと、今回のワークショップの目的を知り、アイスブレーキング(自己紹介)をします。
2.創生総合戦略について知る30分前回のワークショップの結果やアンケート等の結果を踏まえて作られた創生総合戦略骨子案について理解します。4つの柱の目的や概要についても理解します。
3.アイデア出し      30から45分4つの柱「地域の魅力」「教育」「医療」「地域経済」のグループに分かれて、具体的な事業アイデアを―批判なし―でどんどん出して、ポストイットに書いていきます。
4.重要度投票ランキング30から45分ひとり5票をもって、他のグループを見ながら、効果的だと思うアイデアに投票します。住民ができること、行政ができること、他の人たちができることも考えます。