トップページ > 組織で探す > 企画政策課 > Present Tree for さんむ日向の森

Present Tree for さんむ日向の森

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年2月8日

 市では、先人たちが育んできた森づくりを100年後のふるさとへ贈る取組みとして、市が所有する「日向の森」約45haのうち約1.84haで、「Present Tree(プレゼントツリー)」事業を全国で展開している「認定NPO法人環境リレーションズ研究所」、サンブスギを軸に風土の再生・地域の再構築を目指して活動している「さんむフォレスト」、森林整備のスペシャリストである「千葉県森林組合北総支所」と森林整備協定を締結し、それぞれの長所を活かし協力して森づくりを展開しています。

協定締結団体代表者による集合写真

森づくりに参加しませんか  贈り物に記念樹を植えよう

 プレゼントツリーとは、認定NPO法人環境リレーションズ研究所が実施している市民参加型の植林プロジェクトで、皆さんからの寄附により木を植え管理していくものですが、単なる寄附とは違い、記念樹を贈り物として購入する感覚で寄附に参加できる仕組みになっています。 例えば、ご友人のお子さんの誕生記念に記念樹をプレゼントするため、日向の森のプレゼントツリーに寄附をされたとします。寄附をされますと、お子さんの名前・植えられた木の場所・管理番号が書かれた証明書がお子さん宛てに送られます。そして、現地の木にもその管理番号が付けられます。つまり、お子さんの誕生記念樹が日向の森に植えられたこととなります(注:所有権は市となります)。贈られたお子さんにとっては、その木に会ってみたくなるという思いや森林に対する愛着も湧くのではないでしょうか。また親御さんにとっては、お子さんの成長とともに楽しみのひとつになるのではと思います。
 さらに、植えられた木は、生態系の保全や地球温暖化抑止、他にも様々な恩恵をもたらしてくれます。つまり、地球へのプレゼントになるのです。 このように、今まで森づくりに参加できなかった方でも、お知り合いの方やご自身への贈り物として寄附をしていただくことで、結果として森づくりに参加することができます。 日向の森の森づくりにご協力をお願いいたします。   

詳細・お申込みはこちら⇒認定NPO法人環境リレーションズ研究所