駒形神社の椎の木

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月14日

駒形神社の椎の木 

 この巨樹は目通り周囲5.4メートルあり、市内に存在する椎の木では最大級である。ブナ科シイノキ属の植物であり、日本では関東以西に生えている常緑樹である。果実は全体が穀斗に包まれたどんぐり状果であることが特徴である。この椎の木は元富田村村社駒形神社の御神木として地域住民に手厚く保護されてきた。

所在地 : 山武市富田
指定日 : 1986年6月16日