道路元標

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年3月1日

道路元標 

 昭和8年、県は管内の道路の等級、幅員の制を定め、国道・県道・里道に区別した。
 道路元標は大正8年(1918年)に公布された道路法によって制定されたもので、千葉県では同法に基いて県下各市町村の道路元標の位置を定めた。本市において現存している元標は富口区内にあるのみである。高さは50センチメートル。

【陰刻銘文】
南郷村道路元標所在地 : 山武市富口
指定日 : 1985年7月29日