トップページ > 組織で探す > 生涯学習課 > 銅像阿弥陀如来及び両脇侍立像 三体

銅像阿弥陀如来及び両脇侍立像 三体

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年3月1日

銅像阿弥陀如来及び両脇侍立像 三体 

 中尊の如来像は像高49センチメートル5ミリ、脇侍の観音像は像高33センチメートル4ミリ、勢至像は像高33センチメートル2ミリである。いずれも土型原型から一鋳とし、頂などに内型土を残している。銅の厚さは薄い。
 この一具像は、姿、大きさ、材質、鍍金などの点から、善光寺式三尊の典型といえるものである。秀麗な眉目や、よく整理された衣文表現などから、制作年代は鎌倉時代中期を降らないと考えられる。両脇侍の垂髪や天衣は、別の金銅薄板で作り、取り付けてあるのは珍しい例である。

 この一具像はもと珍宝山真行寺に安置されていたが、同寺が廃寺となったので日吉神社の所有となり、現在は山武市歴史民俗資料館に保管、展示している。

所在地 : 歴史民俗資料館
指定日 : 1980年2月22日