トップページ > 組織で探す > 秘書課 > 蓮沼保育園が大船渡市越喜来保育所に寄付

蓮沼保育園が大船渡市越喜来保育所に寄付

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年2月1日

大船渡市立越喜来保育所に蓮沼保育園から寄付金を贈呈

 

 蓮沼保育園(伊藤園長、園児101人)の園長はじめ理事ら10人が、1月29日、津波で施設が全壊した大船渡市三陸町越喜来の越喜来保育所(門前所長、園児40人)を訪問し、寄付金50万円を贈呈しました。

 越喜来保育所は、被災後、近くの越喜来幼稚園園庭に保育室を建て(認定NPO法人チャイルド・ファンド・ジャパン支援)、利用しています。

 年長児6人が見守る中、伊藤園長が門前所長に目録を手渡し、門前所長は「たくさんの寄付をいただき、心から感謝しています。子ども達もたくさんの支援に支えられここまできたということを感じていると思います。子ども達が素直で元気に成長できるよう今後も頑張りたい」と感謝の言葉を述べました。

 同保育所は、震災以降中止している乳児保育を13年度中に再会予定で、寄付金は、保育に必要な備品(ベビーカー、折りたたみベッド、キッチン棚等)や駐車スペースのフェンス整備などに充てるということです。

 震災を受け、山武市が大船渡市に職員を派遣している縁で支援が実現。

 山武市も津波を受け、蓮沼保育園の一部職員や園児の自宅にも被害がありました。

 伊藤園長は「山武市も被災しましたが、復興へ一緒に頑張りたい。少しでも被災した保育施設の力になれればうれしい。」と話していました。


目録贈呈

集合写真


越喜来保育所外観(保育所外観)


新聞記事(岩手日報)  新聞記事(東海新報)

 

 ⇒大船渡市




 

東北被災地への復興支援事業一覧へ戻る







 

 


Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)