トップページ > 組織で探す > 健康支援課 > 平成29年度予防接種事業

平成29年度予防接種事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日

予防接種

 お母さんが赤ちゃんにプレゼントした病気に対する抵抗力(免疫)は、百日せきでは生後3か月までに、麻しん(はしか)では生後12か月までにほとんど自然に失われていきます。そのため、この時期を過ぎると、赤ちゃん自身で免疫をつくって病気を予防する必要があります。その助けとなるのが予防接種です。

子どもは発育と共に外出の機会が多くなり、感染症にかかる可能性も高くなります。予防接種に対する正しい理解の下で、お子様の健康にお役立てください。

                                                            予防接種

 実施方法

 山武市ではすべて「個別接種」で実施しております。かかりつけ医をきめ、接種漏れのないように受けましょう。個別予防接種は市内の医療機関(※山武市個別予防接種指定医療機関一覧)及び千葉県内定期予防接種相互乗り入れ制度協力医療機関で受けられます。

 予診票は、出生届の際に市民課あるいは各出張所窓口でお渡ししています。転入された方は、山武市の予診票をお渡ししますので、母子健康手帳をお持ちになり健康支援課窓口(成東保健福祉センター)までお越しください。

 予防接種の種類と時期

 

定期予防接種(小児の予防接種)

対象疾病

標準接種年齢

対象年齢

接種回数

備  考

Hib
(ヒブ)
感染症
【初回接種】
生後2か月から
7か月未満
【追加接種】
初回接種終了後
7か月から13か月までの間隔をおく
生後
2か月以上
5歳未満
【初回】
27日から56日までの間隔をおいて3回接種
※2回目、3回目は1歳までに接種
【追加】
初回3回目の接種後7か月から13か月までの間隔で1回接種
〈生後7か月から1歳に至るまでに開始した場合〉【初回】27日から56日までの間隔をおいて2回接種
※2回目は1歳までに接種
【追加】初回2回目接種後7か月から13か月までの間隔で 1回の接種で終了
〈1歳以上5歳未満で開始した場合〉1回の接種で終了
小児の肺炎球菌感染症【初回接種】
生後2か月から
7か月未満
【追加接種】
生後12か月から15か月の間隔
生後
2か月以上
5歳未満
【初回】
27日以上の間隔をおいて3回接種
※2回目、3回目は2歳までに接種
【追加】
初回3回目の接種後60日以上の間隔をおいて1歳以上で1回接種
※1歳以上1歳3か月までに接種
〈生後7か月から1歳に至るまでに開始した場合〉【初回】27日以上の間隔をおいて2回接種 
※2回目は2歳までに接種
【追加】初回2回目接種後60日以上あけて、1歳以上で1回接種
〈1歳以上2歳未満で開始した場合〉60日以上の間隔で2回接種終了
〈2歳以上5歳未満で開始した場合〉1回の接種で終了
B型肝炎生後2か月から
9か月に至るまで
生後
2か月から
1歳未満
生後2か月以降1回、
27日(4週)以上の間隔で2回目
1回目から139日(20週)以上の間隔で
3回目
 
四種混合
(ジフテリア
百日せき
破傷風
ポリオ)
【1期初回】
生後3か月以上
1歳未満
【1期追加】
初回3回目接種後1年から1年6か月の間隔
生後
3か月以上
7歳6か月
未満
【1期初回】
20日から56日までの間隔で3回接種
【1期追加】
1期初回3回目接種後、1年以上1年6か月未満で1回接種
●三種混合ワクチンの販売中止にて、不足がある場合は四種混合での対応となります。
B  C  G
(結核)
生後5か月以上
8か月未満
生後1歳未満1回接種接種後10日以内に、接種部位がはれた・膿をもった場合は結核感染の可能性が疑われますので、医療機関の受診をお勧めいたします。
M R
(麻しん
風しん混合)
【1期】 
1歳以上2歳未満
【2期】
就学前年度
(平成23年4月2日から
  平成24年4月1日生まれの方
【1期】
1回接種
【2期】
1回接種
●麻しんまたは風しんにかかった場合でも混合ワクチンの接種が可能です。 
●1歳を過ぎたらできるだけ早く接種しましょう。
●2期の接種は平成29年4月1日から平成30年3月31日 までの期間となります。
水 痘1歳以上3歳未満【1回目】
1歳以上1歳3か月未満で1回接種
【2回目】
1回目接種後、6か月以上1年までに1回接種
●既に水痘にかかったことのあるお子様は対象外です。
日本脳炎【1期初回】
3歳
【1期追加】
4歳
生後
6か月から7歳6か月に至るまでの間
【1期初回】
6日以上(標準的には28日まで)の間隔をおいて2回接種
【1期追加】
1期初回2回目接種後、6か月以上(標準的にはおおむね1年)の間隔をおいて1回接種
3回の接種で基礎免疫が終了します。

定期予防接種(児童の予防接種)

日本脳炎【2期】
小学4年の年代
9歳以上
13歳未満
1回接種●特例対象者(H19年4月1日以前生まれ)の方は、20歳未満まで接種可能です。
●H20年4月2日からH21年10月1日に生まれの方は特例対象者として不足分対応可です。
二種混合【2期】
小学6年の年代
11歳以上
13歳未満
1回接種●三種混合の基礎免疫を終了した方の追加接種です
子宮頸がん中学1年生女子小学6年から
高校1年生
3回接種
サーバリックス・ガーダシルの2種類(接種間隔に違いがあり)
H25年6月14日から、当面の間、積極的な接種のお勧めはしていません。接種に当たっては、有効性とリスクをよく理解した上で受けてください。

  予防接種の接種間隔

 予防接種をしてから、他の種類の予防接種をする場合は以下の接種間隔を守ってください。

なお、同じ種類のワクチンを複数回数接種する場合は、それぞれのワクチンに定められた接種間隔を守ってください。

接種間隔

次回接種

ワクチン

生ワクチン

【定期の予防接種】

MR(麻しん風しん)、麻しん、風しん、水痘、BCG

【任意の予防接種】

おたふくかぜ、ロタウイルス、黄熱

接種翌日から

27日以上の間隔をおく

生ワクチン

不活化ワクチン

不活化ワクチン

【定期の予防接種】

Hib、小児用肺炎球菌、B型肝炎、四種混合、不活化ポリオ、二種混合、日本脳炎、

子宮頸がん、インフルエンザ(高齢者)

【任意の予防接種】

A型肝炎、狂犬病、インフルエンザ(季節性)

接種翌日から

6日以上の間隔をおく

生ワクチン

不活化ワクチン

 予防接種を受ける時の注意

・予防接種は体調のよい時に受けるのが原則です。

・別冊の「予防接種と子どもの健康」等の説明文をよく読み、受ける予防接種について、必要性・効果・副反応などを理解して受けましょう。わからないことがあれば、質問をメモしておきましょう。

・接種の際は母子健康手帳と予診票をご持参ください。

・予診票の記載漏れ等が無いか確認してください。

・接種後、しばらく様子を見る時間(30分程)が必要です。時間に余裕をもって接種を受けるようにしましょう。

・接種後、接種部位の異常な反応や体調の変化があった場合は、速やかに医師の診察を受けましょう。

                                                       注射

 接種場所

■山武市の予防接種はすべて協力医療機関による個別接種で実施しています。

◎事前に協力医療機関へご予約のうえ接種を受けてください。

◎接種の際には「山武市の予診票」と母子健康手帳をお持ちください。

山武市個別予防接種指定医療機関 [PDFファイル/92KB]

■かかりつけ医が市外(千葉県内)にあり接種を希望される場合は、県内相互乗り入れ制度医療機関であれば山武市の予診票で接種することができます。

(県内相互乗り入れ制度医療機関:千葉県医師会HPへの外部リンク)

■千葉県外の医療機関で接種を希望されるときは、健康支援課母子保健係までご連絡ください。

希望医療機関が山武市と契約を行っていただける場合は山武市予診票のみで接種ができます。

希望医療機関が山武市と契約できない場合は、希望医療機関で接種費用をいったん全額支払っていただき、その後健康支援課窓口で自己負担分の請求手続きが必要となります。自己負担分の支払いは、市が定めた金額の範囲内で行うため、全額支払えない場合があります。

予防接種実施依頼交付申請書 [PDFファイル/76KB]

山武市定期予防接種費償還払請求書 [PDFファイル/98KB]

予防接種要注意者

心臓血管系疾患、腎臓、肝臓、血液及び発育障害など基礎疾患のある方、アレルギー症状を呈したことがある方、以前の予防接種で副反応等を呈した方、けいれんの既往や、免疫不全の診断がなされている方、近親者に免疫不全のある方などは、注意して予防接種を行う必要があります。千葉県こども病院(千葉県予防接種センター)や、国保旭中央病院(かかりつけの場合のみ)で、相談や接種ができます。

予防接種要注意者接種依頼書発行願い [PDFファイル/94KB]

 

長期療養を必要とする疾患にり患したお子さんの定期予防接種について

長期にわたり療養を必要とする病気にかかったこと等、特別な事情により対象期間内に定期の予防接種を受けることができなかった方で、一定の要件を満たす場合に限り、定期の接種対象期間を過ぎた場合でも定期接種として受けることができます。

 詳しくはお問い合わせください。

長期療養児特例理由書 [PDFファイル/104KB]

 

予防接種センターについて

千葉県こども病院は、千葉県指定の予防接種センターです。

予防接種を行う上で注意な方の予防接種の相談と実施、予防接種に関する知識や情報の提供等を行っています。

千葉県こども病院(千葉県予防接種センター)への相談は

 電話043-292-2111【月・火・木・金 9時30分から15時】

 

予防接種後副反応と健康被害救済制度について

予防接種後副反応

予防接種のあと、まれに副反応が起こることがあります。また予防接種と同時に、ほかの感染症がたまたま重なって発症する「まぎれ込み反応」といわれるものもあります。予防接種後に、注射部位のひどい腫れ、高熱、ひきつけなどの症状があったら、医師の診察を受けてください。

健康被害救済制度

定期予防接種によって引き起こされた副反応により、医療機関での治療が必要になったり、生活に支障がでるような障害を残すほどの健康被害が生じ、その健康被害がワクチン接種によるものと国の審査会を経て認定された場合は、予防接種法に基づく救済制度により給付が受けられます。

(関連リンク「予防接種健康被害救済制度」(厚生労働省)

(参考 リーフレット「ご存じですか?予防接種後健康被害救済制度」)



Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)