トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・医療 > 予防接種 > 平成28年10月から乳児のB型肝炎ワクチンが定期接種になります。

平成28年10月から乳児のB型肝炎ワクチンが定期接種になります。

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月14日

平成28年10月から乳児のB型肝炎ワクチンが定期接種になります。

  今まで任意(予防接種法の対象ではないが、希望者が自費で受けることができる予防接種)だったB型肝炎ワクチンが定期接種(無料)になります。

  対象者は平成28年4月以降に出生したお子さんで、1歳の誕生日の前日まで接種できます。

  B型肝炎ウイルスは血液だけではなく、涙や唾液を介しても感染します。感染すると、急性肝炎となりそのまま回復する場合もあれば、慢性肝炎となる場合もあります。また症状として明らかにならないままウイルスが肝臓の中に潜み、年月を経て慢性肝炎・肝硬変・肝がんなどになることがあります。

 現在は任意ですが、ワクチン接種は生後2か月頃から始めて3回の接種が勧められています。接種を希望される方は、かかりつけ医にご相談下さい。

                                                       C:Users(060Pictures注射.jpg

お問い合わせ  山武市健康支援課母子保健係 0475(80)1172