トップページ > 組織で探す > 健康支援課 > 高齢者定期予防接種

高齢者定期予防接種

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日

 ☆高齢者の予防接種は、強制ではありません。

  予防接種の効果と副反応について、ご理解のうえ、お受けください。

高齢者インフルエンザ予防接種 

  65歳以上の方などが、助成対象期間にインフルエンザの予防接種を受ける場合に、接種料金の助成(年1回1,500円)をしています。

対象者

接種日当日満65歳以上の市民

または

接種日当日の年齢が満60歳以上65歳未満の方で、心臓・腎臓・呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する方及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する市民(身体障害者手帳1級程度)

実施期間  平成30年10月1日から平成30年12月31日まで
接種方法

※ 接種を希望される方は、予約等について事前に医療機関にご確認ください。

助成金額
  • 1人年1回まで1,500円助成します。
  • 自己負担額 (医療機関でお支払いいただく額) = 医療機関の設定する接種料金 - 市助成金1,500円 

※ 対象となる方のうち、生活保護を受給されている方は接種料金全額を助成します。受給証明書等の受給が確認できる書類を必ず医療機関に提示してください。提示がない場合、全額助成が受けられない場合があります。(受給証明書については、事前に担当ケースワーカーにご相談ください。)

 

高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種

  予防接種法施行令の一部を改正する政令が平成26年7月2日に公布され、10月1日より施行されています。

  この改正により、肺炎球菌ワクチン接種(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)が定期接種に追加されました。

  (定期接種とは、予防接種法で市町村長が行うこととされている予防接種です。)

対象者

 肺炎球菌ワクチン予防接種対象年齢表(平成30年度)↓のとおり

 但し、すでに「ニューモバックスNP(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)」を接種したことがある方は、対象とはなりません。

 また、現時点では、助成対象となるのは、平成30年度までの経過措置として該当する年齢となる年度のみです。

実施期間

  平成30年4月1日から平成31年3月31日まで

接種方法

 ※ 接種を希望される方は、予約等について事前に医療機関にご確認ください。

助成金額
  • 1人1回まで2,000円助成します。
  • 自己負担額 (医療機関でお支払いいただく額) = 医療機関の設定する接種料金 - 市助成金2,000円

※ 対象となる方のうち、生活保護を受給されている方は接種料金全額を助成します。受給証明書等の受給が確認できる書類を必ず医療機関に提示してください。提示がない場合、全額助成が受けられない場合があります。(受給証明書については、事前に担当ケースワーカーにご相談ください。)

経過措置

 本来の対象者は、65歳の方のみですが、 平成26年度から平成30年度までの間は、各当該年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳となる日の属する年度の初日から当該年度の末日までの間にある方も対象となります。

長期療養者の特例 長期の療養を必要とする疾病にかかったこと等の特別の事情により予防接種を受けることができなかった場合、当該特別の事情がなくなってから1年間、接種の機会が付与されます。

  ※ 平成30年度に対象となる方は、下記の年齢表をご参照ください。

   なお、任意の肺炎球菌ワクチン接種に対しての助成は、平成27年3月31日までの接種分をもって終了しました。 


肺炎球菌ワクチン予防接種対象年齢表(平成30年度)

年度末年齢

生年月日

65歳

昭和28年4月2日から昭和29年4月1日まで

70歳

昭和23年4月2日から昭和24年4月1日まで

75歳

昭和18年4月2日から昭和19年4月1日まで

80歳

昭和13年4月2日から昭和14年4月1日まで

85歳

昭和 8年4月2日から昭和 9年4月1日まで

90歳

昭和 3年4月2日から昭和 4年4月1日まで

95歳

大正12年4月2日から大正13年4月1日まで

100歳

大正 7年4月2日から大正 8年4月1日まで

 

60歳以上65歳未満

 接種日当日の年齢が満60歳以上65歳未満の方で、心臓・腎臓・呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する方及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する市民(身体障害者手帳(1級)程度)



Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)