トップページ > 組織で探す > 健康支援課 > 平成29年度自殺予防週間について

平成29年度自殺予防週間について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月1日

9月10日から16日までは「自殺予防週間」です

山武市の自殺の状況について

山武市の自殺者数の状況をご存知ですか?

 年々減少傾向ではありますが、いまだ千葉県や国に比べて高い状況です。

 自殺は様々な悩みにより心理的に追い込まれた末の死です。

 けっして他人ごとではありません。

 大切な人の命を守るために、私たちにはどんなことができるでしょうか。

みんなで自殺を少しでも減らすための4つのヒント

命を守る「ゲートキーパー」の4つの役割について覚えてください。

「気づき」

家族や仲間の変化に気づいて声をかける。

 性格が急に変わったようになる、食欲がなくなって痩せてしまった、様々な身体的な不調を訴える、よく眠れていない様子がある、身なりにかまわなくなってしまった・・・などの変化に気づいたら、「どうしたの?」「なにかあった?」「よかったら話して」などの声かけが必要です。

    ため息つく女性       落ち込む男性      とぼとぼ歩く男性       悩む女性

「傾聴(話を聴く)」

本人の気持ちに耳を傾ける。

 人は、自分の話を肯定的にじっくり聞いてもらえると、満足感が得られて本来の自分を取り戻すことができます。

 ゆっくりと安心して話せる場所で、その人の話を真剣に聞いてあげましょう。そして「心配していたよ」「辛かったんだね」「よく我慢していたね」と伝えてあげてください。

     声をかける女性

※ 「もっとがんばって」「あなたなら大丈夫」「辛いのはみんないっしょだよ」「命を粗末にしてはいけない」「気の持ちようだよ」などの安易な対応は禁物です。がんばってせっかく気持ちを伝えたのにそれを否定されてしまうと「もっと頑張らなければいけない」「自分は弱い人間だ」などさらに追い詰められてしまいます。

「つなぎ」

医療・相談機関へつなぐ。

 症状が重かったり、自殺をほのめかすような深刻な状況の場合には、1人で抱え込まずに、医療機関や相談窓口などを紹介しましょう。

       つなぐ女性  市役所  病院

H29相談窓口一覧 [PDFファイル/336KB]

「見守り」

温かくよりそいながら、じっくりと見守る。

 相談先を紹介したからといって、すぐにすべてが解決するということはほとんどありません。引き続き相談に乗れることを伝え、 長期間にわたってじっくりと見守っていくことが大切です。

             パズル              応援する女性



Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)