トップページ > 組織で探す > 高齢者福祉課 > 障害者控除対象者認定証

障害者控除対象者認定証

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月28日

65歳以上の要介護認定者のみなさんへ

障害者控除対象者に認定書を交付

 身体障害者手帳等の交付を受けていない65歳以上の寝たきりや認知症など、介護保険の要介護認定を受けている方で、申請により市長が障がい者に準ずると認定した方には、所得税や住民税の障害者控除を申告する時に必要な「障害者控除対象者認定書」を交付します。

認定書の交付を受けることができる方(対象者)は

 山武市に住所をおく(山武市の要介護認定を受けている)65歳以上の方で、下表のいずれかに該当する方です。なお、要介護度にかかわらず、該当しない場合もあります。
注)障害者手帳や療育手帳等をお持ちの方は、従来どおり申告時に手帳を提示してください。認定書の申請は必要ありません。

認定基準(電話での確認はご遠慮ください。)

認定区分障害理由認定基準
特別障害者知的障害者(重度)に準ず主治医意見書の認知症高齢者の日常生活自立度が4またはMである方。
寝たきり老人及び身体障害者(1級・2級)に準ず主治医意見書の障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)がB1、B2、C1またはC2である方。
障害者知的障害者(軽度・中度)に準ず主治医意見書の認知症高齢者の日常生活自立度が2a,2b,3a,または3bである方。

(12月31日基準日)

手続きについて

  1. 「障害者控除対象者認定書交付申請書」を高齢者福祉課介護保険係に提出してください。
    申請書は高齢者福祉課、山武出張所、松尾出張所、蓮沼出張所にもあります。(ダウンロードはこちらから
    申請書に必要なものは、(1)申請者及び認定対象者の印鑑、 (2)介護保険被保険者証、(3)申請が代理人の場合委任状。
  2. 申請に基づき、対象者として基準に該当するか判定を行い、「障害者控除対象者認定書」または非該当通知を1月20日(金曜日)以降から交付します。(対象者が年の途中で死亡された場合は、その死亡日を基準日とします。)
    要介護認定申請中の方は、要介護認定審査会終了後の交付となります。  

控除される額

障害者控除額→所得税 27万円 住民税 26万円
特別障害者控除額→所得税 40万円 住民税 30万円