トップページ > 組織で探す > 高齢者福祉課 > 緊急通報装置貸与事業

緊急通報装置貸与事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年3月20日

緊急通報装置貸与事業

緊急時に装置本体(またはペンダント)のボタンを押すことで、コールセンターに通報できる装置を貸与します。
コールセンターでは、通報者の安否を口頭で確認し、状況に応じ、協力員や連絡員または消防署へ連絡します。

kinkyu_shikumi

対象者

1 65歳以上のひとり暮らし高齢者
2 65歳以上の高齢者のみで構成する世帯 (疾病等により日常生活に不安があり見守りが必要な方)
3 身体障害者手帳(1・2級)に該当する方のみの世帯

条件

1 固定電話回線が必要です。(接続できない回線もありますのでご了承ください)
2 通報発信時に、すばやく発信者宅に駆けつけることができる協力員2名以上の登録が必要です。
3 緊急時の連絡先として、より近い親族のかた1名以上の登録が必要です。

費用

  無料 (電気代は自己負担)

お願い

※ 協力員・連絡員の電話番号など登録内容が変更した場合は、ご連絡をお願いします。

※ 緊急通報装置を使わなくなった場合は、機器を返還していただきますので、ご連絡をお願いします。

様式のダウンロード

緊急通報装置貸与申請書 [PDFファイル/73KB]

緊急通報装置貸与申請書(記入例) [PDFファイル/93KB]



Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)