トップページ > 組織で探す > 高齢者福祉課 > 平成27年度の介護報酬改定に伴う負担限度額認定証の取扱いについて

平成27年度の介護報酬改定に伴う負担限度額認定証の取扱いについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年3月5日

 

  平成27年4月1日から介護報酬の改定に伴い、特別養護老人ホーム等に入所されている方のうち、

 「多床室」の利用にかかる負担限度額が変更となります。

  既に認定を受けられている方は、認定有効期間中(平成27年7月末まで)は金額を改定後の額に読み

替えてご利用ください。

 なお、平成27年4月1日以降に新たに認定を受けられる方については、改定後の額で記載されます。

 

改定時期

対象の介護サービス

改定内容

平成27年4月1日

  認定分から 

 1 介護老人福祉施設

    (特別養護老人ホーム)

 2 介護老人保健施設

 3 介護療養型医療施設

 4 短期入所

 5 地域密着型介護老人福祉施設

 左の1から5のうち、

  「多床室」利用にかかる

  負担限度額(第2・3段階

  現 「320円」

      ↓

   「370円」

※  多床室の負担限度額にかかる報酬改定は、光熱水費相当分の額の見直しによるものです。

  (ただし、第1段階の方の負担限度額については0円に据え置き)