トップページ > 組織で探す > 社会福祉課 > 避難行動要支援者(災害時要援護者)支援制度

避難行動要支援者(災害時要援護者)支援制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月19日

避難行動要支援者(災害時要援護者)

 災害対策基本法の一部を改正する法律が平成26年4月1日より施行されたことにより、

災害時要援護者支援制度は、避難行動要支援者支援制度と名称が変更になりました。

 ひとり暮らしの高齢者や障害のある方は、生命の安全を守るための迅速かつ的確な行動

がとりにくく、災害時の対応が困難な立場にあります。日頃から、コミュニケーションを図り、

災害時には駆けつけて行動をともにしてあげましょう。

避難行動要支援者名簿の登録

 市では、避難行動要支援者の名簿作成を行っております。

 この名簿は、災害時に自治会、民生委員・児童委員、消防などの防災関係機関や地域の

人たちが、救助・安否確認・避難誘導等の救護活動を速やかに行うことを目的に使用します。

 ご本人(本人の意思表示が困難な場合は介助者)の申請・同意により作成し、個人情報は

目的以外の使用を禁止するなどの特段の配慮を講じています。

登録対象者

 1.要介護3以上で居宅において生活する方

 2.身体障害者手帳(1、2級)を所持している方

 3.療育手帳(A以上)を所持している方

 4.一人暮らしの高齢の方(65歳以上)

 5.高齢(65歳以上)のみの世帯の方

 6.上記に準ずる状況にある方で、自ら支援を希望し個人情報を提供

  することに同意した方

申請方法

1. 登録には、名簿情報の提供に同意していただけるか否かの文書 「山武市避難行動要支援

  者名簿情報の提供に伴う意向調査票」(以下「意向調査票」という。)を提出していただきます。  

  意向調査票に必要事項を記入して、市役所の社会福祉課の窓口に提出してください。

 「意向調査票」は窓口に備え付けてあります。

2. 「意向調査票はダウンロードできます」

 ・意向調査票 [Wordファイル/36KB]

 ・意向調査票(記入例) [Wordファイル/49KB]