市営住宅

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年3月1日

 市営住宅は、市民生活の安定と社会福祉の増進に寄与するため、比較的収入が低く、住宅に困窮されている方に供給する低廉な家賃の住宅です。

入居申込資格

 1 原則として市内に住所があり、現に居住している方

 2 同居または同居しようとする親族がいる方

   ※60歳以上の方や障害がある方などは単身で申込が出来ます。

 3 住宅に困窮している方

 4 収入基準を満たしている方

 5 市税等の滞納がない方

 6 本人または同居しようとする親族が暴力団員でない方

入居者の募集方法

 広報誌及びホームページに掲載します。

入居者の選考

 現地調査及び実態調査により決定します。

入居の手続き

 ・家賃の3カ月分を敷金として納入していただきます。

 ・連帯保証人が必要です。

  ※連帯保証人は、原則として市内にお住まいで、入居者と同程度以上の収入を有する方。

入居後の注意事項

 市営住宅では、他の居住者との円満な共同生活を妨げるような行為や犬、猫などの動物を飼育することは禁止されています。
 入居後、3年を経過した世帯で、収入基準を超過した場合は、住宅の明渡努力義務が生じます。
 また、5年を経過した世帯で、高額所得者と認定された場合は、一定の期間内に住宅を明け渡していただきます。

市営住宅の状況

  • 白幡住宅   87戸
  • 和田住宅   14戸
  • 上町住宅   24戸
  • 桔梗台住宅 28戸