トップページ > 組織で探す > 都市整備課 > 山武市被災者住宅再建資金利子補給事業について

山武市被災者住宅再建資金利子補給事業について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日

補助の対象となる融資の実行期限を平成30年3月31日まで延長します。

 東日本大震災により居住していた住宅に被害を受けた方が、住宅の再建のために必要な資金を借り入れた場合の金利の一部を市が補助します。

対象者

 次の条件をすべて満たす者

1.り災していることの証明を市町村の長から受けた住宅を自己または親族が所有する者で、震災発生時に自己または親族が当該被災住宅に居住していた者。

2.被災住宅に代わる住宅の建設や購入を市内で行う者および市内被災住宅の補修を行う者。

3.平成23年3月11日以降に金銭消費貸借契約を金融機関と結び、平成30年3月31日までに融資の実行を受けた者。

借入金の使途等

 被災住宅に代わる住宅の建設または被災住宅の補修、被災住宅に代わる住宅の新築または購入に必要な土地資金(土地のみ購入資金は除く。)

利子補給対象となる借入金の最低額と最高額

 100万円以上500万円以下(借入金が100万円未満の場合または借入額のうち500万円を超える部分は利子補給を行わない。)

利子補給率

 2%以内。利子が利子補給率に相当する額を下回った場合は、支払った利子の額。1円未満の端数が生じた場合はこれを切り捨てる。

利子補給対象額

 金融機関からの借入金償還残高

利子補給期間

 借入金に係る利子の支払い開始日から5年間。ただし、無利子期間または利子支払いの猶予期間などがある場合は、当該期間も含め5年間とする。

 申込期間

 金融機関に融資の申し込みに行った日から原則1ヶ月以内。