トップページ > 組織で探す > 都市整備課 > 民間建築物吹付けアスベスト等対策事業補助金ついて

民間建築物吹付けアスベスト等対策事業補助金ついて

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月3日

吹付けアスベスト等使用建築物の問題

 現在、建築物にアスベストの飛散のおそれのある建築材料を使用することは禁止されています。しかし、過去に建てられた
建築物においては、吹付け材にアスベストが含まれている建築物があり、露出したままで放置されたアスベストが飛散すると
健康被害を起こすおそれがあります。
 そこで、民間建築物に吹付けアスベストが使用されているおそれがある場合は、アスベスト含有調査費用に対し1棟あたり
最大25万円の助成を行います。

申請期限は、12月28日です。

補助制度の概要

   補助対象建築物

   ・市内に存する建築物で解体(除却)、増改築の予定のない建築物

   ・建築確認の交付を受けて建築された建築物

   ・吹付けアスベストが施行されているおそれがある建築物

   ・建築物又は同一敷地内の建築物で、この要綱以外で国又は地方公共団体が定めた補助制度等の対象となっていないもの

   ・過去に、この要綱に基づく補助金の交付を受けていない建築物

   ・市税を滞納していないこと。

  補助対象経費・その他補助要件

   ・補助対象経費は、補助対象建築物に係るアスベスト含有調査の経費で分析機関に支払う費用とする。

   ・石綿含有の有無の判定及び石綿の含有率の測定を行う分析機関は、石綿含有建材中の石綿の含有率の測定に関する
   講義講習会を受講していること、石綿の含有率の測定に使用する分析機器を保有していること及び石綿障害予防規則(平
   成17年厚生労働省令第21号)第3条第1項及び第2項に基づく石綿分析結果報告書の統一様式を使用していること。

   ・分析方法は、JIS1481:2008「建材製品中のアスベスト含有率測定方法」を標準とすること。

   ・分析による調査の着手日は、補助金の交付決定の通知日から起算して30日以内であること。

  補助金の額

   1棟あたり25万円を限度に補助します。

  補助申請の流れ

   申請の流れはこちら → 補助金申請の流れ [PDFファイル/77KB]

補助金申請等の必要書類

補助金請求の必要書類 

   ・山武市民間建築物吹付けアスベスト対策事業補助金交付申請書
       様式はこちら → 交付申請書 [Wordファイル/42KB]

   ・建築物の位置図

   ・建築物の配置図

   ・建築物の平面図及び立面図

   ・調査実施個所の説明図

   ・建築確認済証

   ・納税証明書
        様式はこちら → 納税証明書 [Wordファイル/29KB] 
                   (必要事項を記入のうえ、収税課で証明手続きを行ってください。なお、申請者本人以外の方が
                   手続きを行う場合は委任状(任意様式)が必要です。)

   ・家屋登記簿謄本

  実績報告の必要書類

   ・山武市民間建築物吹付けアスベスト対策事業実績報告書
        様式はこちら → 実績報告書 [Wordファイル/34KB]

   ・分析機関が発行した分析調査結果報告書の写し

   ・分析機関と締結した契約書の写し

   ・分析調査費用に係る分析機関からの請求書の写し

   ・分析調査用試料の採取中及び採取後の現場写真

  補助金請求の必要書類

   ・山武市民間建築物吹付けアスベスト対策事業補助金交付請求書
        様式はこちら → 交付請求書 [Wordファイル/36KB]

   ・分析機関に支払った経費を証する書面の写し


山武市民間建築物吹付けアスベスト対策事業補助金交付要綱 [PDFファイル/176KB]



Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)