トップページ > 組織で探す > わがまち活性課 > 労働契約法の改正による無期転換ルールが始まります。

労働契約法の改正による無期転換ルールが始まります。

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日

 平成30年4月に労働契約法の改正による「無期転換ルール」が始まります

 ・無期転換ルールとは?

 有期労働契約が更新されて通算5年を超えたときは、労働者の申し込みにより、期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換できるルールです。通算5年のカウントは平成25年4月1日以降に開始した有期労働契約が対象です。

 対象となる労働者

 原則として、契約期間に定めがある「有期労働契約」が同一の会社で通算5年を超える全ての方が対象です。契約社員やパートタイマー、アルバイト、派遣社員などの名称は問いません。

雇用止めについて

 無期転換ルールの適用を避けることを目的として、無期転換申込権が発生する前に雇止めをすることは、労働契約法の趣旨に照らして望ましいものではありません。また、有期契約の満了を前に使用者が更新年限や更新回数の上限などを一方的に設けたとしても、雇止めをすることは許されない場合もありますので、慎重な対応が必要です。

問い合わせ先

 ご相談は「無期転換ルール緊急相談ダイヤル」(電話0570-069276)まで。

 有期契約労働者の無期転換ポータルサイト

 事業者向けリーフレット [PDFファイル/135KB]

 求職者向けリーフレット [PDFファイル/152KB]



Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)