トップページ > 組織で探す > わがまち活性課 > 経営セーフティ共済及び小規模企業共済制度について

経営セーフティ共済及び小規模企業共済制度について

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月1日

中小企業基盤整備機構は、「中小企業の発展と地域振興」をサポートします!

  中小機構は、経済産業省所管の独立行政法人で正式名称を中小企業基盤整備機構といい、中小企業施策の総合的な実施機関としての役割を果たしています。

 日本経済を支える中小企業を元気にするため、創業から事業再生、災害対策などのセーフティネット(安全網)まで、中小企業のライフステージや課題に合わせた支援体制を整えています。

 下記共済制度のほか、新たな販路を開拓したい、海外に事業展開したい、人材を育成したいなど、企業が抱える課題や要望について、インフラ、資金、人材、情報などあらゆる角度から具体的な支援策を提供します。

【経営セーフティ共済】(中小企業倒産防止共済制度)について

 連鎖倒産から中小企業を守ります。

 貴方の会社が健全経営でも「取引先の倒産」という事態はいつ起こるかわかりません。

 経営セーフティ共済(正式名称:中小企業倒産防止共済制度)は、そのような不測の事態に直面された中小企業の皆様に迅速に資金をお貸しする共済制度です。

  詳しくは

  経営セーフティ共済バナー (中小企業基盤整備機構ホームページ:外部リンク)

  ↑ こちらをクリックしてください。

【小規模企業共済制度】について

 退職後のゆとりある生活を応援します。

 小規模企業の個人事業主(共同経営者を含む)が事業をやめられたり、会社等の役員が退職されたりした場合に、生活の安定や事業の再建を図るための資金をあらかじめ準備しておく共済制度です。

 いわば 「経営者の退職金制度」 といえます。

 詳しくは

  小規模企業共済バナー (中小企業基盤整備機構ホームページ:外部リンク)

  ↑ こちらをクリックしてください。