トップページ > 組織で探す > わがまち活性課 > さんむエコノミックガーデニング推進協議会(EGさんむ)

さんむエコノミックガーデニング推進協議会(EGさんむ)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月21日

エコノミックガーデニングとは

エコノミックガーデニングとは、アメリカ発祥の地域経済活性化施策であり、地域の中小企業を育むための環境づくりをガーデニングに擬えてこのように呼ばれています。地域という土壌にさまざまな産業や事業、活動の種や苗を植え、それぞれが自力で育つための環境を整えることで、地域経済を元気にしていこう、という考え方です。

さんむエコノミックガーデニング推進協議会(E Gさんむ)について

近年の人口減少社会において、地域の活性化を促進するためには地元の中小企業がその地域に合った形で元気になることが重要となっています。

そこで、山武市は、進取の気性が旺盛な地元の中小企業が長生きして繁栄するようなビジネス環境を構築するため、地域活性化の手法として「エコノミックガーデニング」を推進します。

さんむエコノミックガーデニング推進協議会は従来型の地域活性化とは違い、地域の商売人や農業者が深く繋がり合うことで生み出す「相互利益の創造」、つまり、「我々の、我々による、我々のための、ビジネスモデル構築」を目指しています。すでに山武市の商売人や農業者が公共事業や企業誘致等からの仕事ばかりに頼ることは難しくなっています。だからといって独立独歩していくことも簡単なことではありませんが、これからの山武市にはより一層の「繋がり」が重要だと考えています。

同じ地域に住みながら交流も連携もない商売人や農業者がたくさんいます。現在、さんむエコノミックガーデニング推進協議会は5つのワーキンググループを組織して、調査研究や実証イベントを進めています。

今日の明日で変わるものではありませんが、拙速に事を進めず、人と人との繋がりをじっくり醸成させながら、将来の山武市経済の原動力になれるようスクラムを組んで邁進していく所存です。どうか皆さま方のご理解ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

さんむエコノミックガーデニング推進協議会(E Gさんむ)ホームページ




Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)