トップページ > 組織で探す > 農林水産課 > たけのこを生産又は販売される皆様へ

たけのこを生産又は販売される皆様へ

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月14日

たけのこの放射性物質の検査結果について

 千葉県が、平成29年3月6日に採取した山武市産たけのこの放射性物質について検査したところ、基準値(100ベクレル/kg)以下であることが確認されました。

判明日採取日品目放射性セシウム134放射性セシウム137

放射性セシウム

134と137の合計

H29.3.7H29.3.6たけのこ

1.55

9.88

11(※)

参考

1) ベクレル:放射能の強さを表す単位で、単位時間(1秒間)内に原子核が崩壊する数を表します。

2) 放射性セシウムの合計は、セシウム134とセシウム137を合算して有効数字2桁に四捨五入したものです。

    (平成24年3月15日付け食安発0315第4号厚生労働省医薬品局食品安全部長通知)

3) 平成24年4月1日以降に適用された新たな基準値(一般食品)

   ・放射性セシウム:100ベクレル/kg

※ セシウム合計検出限界値 2.8 ベクレル/kg  

出荷及び自主検査について

 上記のとおり、県の検査により基準値以下であることが確認されたことから、今シーズンにおける県検査前の出荷自粛は解除となります。

 ただし、たけのこを出荷する場合は、各採取地ごとに自主検査を行い、安全性を確認したのちに出荷するようお願いします。

 また、各市場・直売所等におかれましては、自主検査により安全性が確認されたものを出荷するよう生産者に促していただきたくお願いします。

 なお、自主検査のための検査機関等がご不明の場合は、農林水産課バイオマス推進室までお問い合わせください。

 来シーズン(H30春から)につきましても同様に検査が行われる予定ですので、引き続きご協力をお願いします。