トップページ > 歴史民俗資料館 > 第66回左千夫短歌大会

第66回左千夫短歌大会

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月28日

第66回左千夫短歌大会

  伊藤左千夫は、山武市殿台に生まれ、多感な青春時代をここ山武市で過ごしました。郷里での生活体験が、左千夫の歌にも大きな影響を与えたと言われています。山武市が生んだ偉大な歌人左千夫を顕彰し、偲ぶために開催する短歌大会は、今年で66回目を迎えました。

  左千夫短歌大会作品募集

募集要項詳細

大会日時 平成30年1月28日(日曜日)

選   者 小島ゆかり先生

大会会場 山武市成東文化会館のぎくプラザ
       (会場の詳細 /site/sammushibunkakaikan/summary.html

募集開始 平成29年9月1日(金曜日)

募集締切 平成29年10月21日(木曜日)消印有効

応募要項は下記の通りとなります。 

 一般の部

 応募資格 年齢問わず

 応募作品 テーマは自由、作品は未発表のものとし、1人1首

 応募方法 投稿、参加申込用紙に作品及び必要事項を書き込み送付して下さい。
        メールでの応募も受付致しますが、参加費を別途ご送付下さい。

 参加費  一般の部 1000円(資料代含む)  ※大会当日の昼食(お弁当)をご希望の方はプラス500円

       小学生の部・中学生の部・高校生の部 無料

       参加費は郵便小為替または現金書留にて第65回短歌大会事務局までお送り下さい

 短歌大会募集要項・応募用紙PDFファイル → 左千夫短歌大会応募要項及び応募用紙 [PDFファイル/1.41MB]  

 

歴代左千夫賞

第65回左千夫短歌大会

  一般の部 

 夫や娘(こ)とアハハうふふと笑いたい聞こえぬわれに耳をください

          岐阜県飛騨市 江尻 恵子さん

 小学生の部

 じびきあみ魚とみんなのたいけつだ力いっぱいなわをひっぱる

           九十九里町立 九十九里小学校 佐藤 美樹さん

 中学生の部

 噴水が上へ上へと登っていく夢へと進む僕らのように

           山武市立 成東東中学校 石川 怜奈さん

 高校生の部

 ふるならふれ半端(はんぱ)な雨(あめ)が一番(いちばん)嫌(きら)い進路(しんろ)に迷(まよ)う自分(じぶん)みたいで

           東京都立 江戸川高等学校 嶋田 開さん

第64回左千夫短歌大会

 一般の部 

 好きな場所なんてなかったふるさとも生まれるきみに見せてあげたい

          東京都荒川区 小原 志帆さん

 小学生の部

 ひまわりをキャッチボールでたおしたらなんにも言わないたおれて見てる

           匝瑳市立 豊和小学校 椿 晴輝さん

 中学生の部

 パチパチと小さな夏がはじけてく残りひとつの線香花火

           山武市立 成東東中学校 寺山 友稀さん

 高校生の部

 掻きあとの紅き一筋日の陰に座る貴方の鎖骨のあいだに

           千葉県立 成東高等学校 田中 智章

  ※全ての入賞作品をご覧になりたい方はコチラから左千夫短歌大会入賞短歌 [Wordファイル/49KB]

  

第63回左千夫短歌大会

  一般の部 

 新藁を選りて夫は正月の奉納の注連縄を正座して綯う

          山武市 長谷川晃江

 小学生の部

 ひまわりにやっぱり負けた背比べかれてしまって勝ちにげされた

          山武市立 睦岡小学校 櫻田紫月

 中学生の部

 熱風で体育館中むっとする僕の胴衣に汗が染みこむ

          山武市立 成東中学校 伊庭裕弥

 高校生の部

 秋風を指に絡めてピアノ弾く貴方が越してしまった日から

       東京都 実践女子学園高等学校 藤原麻衣

  

 

 

 

 

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。