トップページ > 組織で探す > 企画政策課 > 第2期山武市まち・ひと・しごと創生総合戦略(原案)についてのパブリックコメントの実施について

第2期山武市まち・ひと・しごと創生総合戦略(原案)についてのパブリックコメントの実施について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年1月9日

第2期山武市まち・ひと・しごと創生総合戦略(原案)に係るパブリックコメントの実施について

 本市では、急速に進む人口減少問題に対応するべく平成27年に山武市まち・ひと・しごと創生総合戦略を策定しました。戦略が令和元年度で終了することに伴い、引き続き第1期の取組みを継続するとともに、新たなステップに向けて地方創生に取り組んでいくため、第2期山武市まち・ひと・しごと創生総合戦略を策定しています。

 つきましては、山武市第2期まち・ひと・しごと創生総合戦略(原案)について、パブリック・コメントを実施しますので、市民の皆さまのご意見をお寄せください。

第2期山武市まち・ひと・しごと創生総合戦略とは

 第2期山武市まち・ひと・しごと創生総合戦略は、まち・ひと・しごと創生法(平成26年11月28日法律第136号)に定める「市町村まち・ひと・しごと創生総合戦略」のことです。

 本戦略は、市の人口動向・将来人口推計の分析や中長期の将来展望をまとめた「人口ビジョン」と、人口ビジョンに基づく政策目標や施策をまとめた「<育てる力>集中創生戦略」から構成されます。

(1)人口ビジョン

 人口ビジョンは、人口動向や将来人口推計といった現状分析や、目指すべき将来の方向に必要な調査分析(結婚・出産・子育て、移住希望等)を踏まえて、人口の将来展望を示したものです。計画期間は、2020年から2065年までとします。

(2)<育てる力>集中創生戦略

 <育てる力>集中創生戦略は、人口ビジョンを踏まえ、地域の実情に応じた今後5か年の目標や施策の基本的方向、具体的な施策をまとめるものです。現在市で行っている事業を活かすとともに、必要な施策を盛り込んで策定を行います。計画期間は、令和2(2020)年度から令和6(2024)年度までの5か年とします。

意見の募集期間について

 令和2年1月9日(木曜日)から令和2年2月9日(日曜日)まで(必着)

第2期山武市まち・ひと・しごと創生総合戦略(原案)の閲覧について

 第2期山武市まち・ひと・しごと創生総合戦略(原案)は、下記からご覧になるか、山武市企画政策課にて閲覧してください。

 人口ビジョン(原案) [PDFファイル/1.76MB]

 <育てる力>集中創生戦略(原案) [PDFファイル/408KB]

・企画政策課での閲覧時間
 午前8時30分から午後5時15分まで(月曜日から金曜日。ただし、祝日は除く。)

 

意見提出対象者について

  1. 市内に住所を有する者
  2. 市内に事務所又は事業所を有する個人及び法人その他の団体
  3. 市内に存する事務所又は事業所に勤務する者
  4. 市内に存する学校に在学する者
  5. 市に納税義務を有する者
  6. 1から5以外で、パブリックコメントに係る事案に利害関係を有する者

意見の提出について

応募用紙

 次のいずれかの応募用紙により提出してください。

  1. 下記からダウンロードした応募用紙
    応募用紙応募用紙 [PDFファイル/50KB]
    応募用紙 [Wordファイル/15KB]
  2. 山武市役所企画政策課に備え付けの応募用紙
  3. 上記1と2以外の場合は、提出者の住所、氏名、連絡先(電話番号)及び第2期山武市まち・ひと・しごと創生総合戦略(原案)における該当ページを記入した任意の応募用紙

提出方法

 直接持参、郵便、ファクシミリ及び電子メールのいずれかの方法により提出してください。電話や口頭でのご意見の受付は対応しかねますので、ご了承ください。

1.直接持参の場合

山武市役所企画政策課へ持参してください

※午前8時30分から午後5時15分まで(月曜日から金曜日。ただし、祝日は除く。)

2.郵便の場合

〒289-1392
山武市殿台296番地 山武市役所 企画政策課 宛て

3.ファクシミリの場合0475-82-2107 山武市役所 企画政策課 宛て
4.電子メールの場合

アドレス:kikakuseisaku@city.sammu.lg.jp※
送信する際は、半角英数に変換してください。

ご提出いただきましたご意見について

  • ご意見は、戦略策定の参考資料とさせていただきます。
  • ご意見は、後日意見の概要と意見に対する市の考えを取りまとめの上、山武市ホームページにて公表いたします。
  • 個人情報や個人が特定できるような情報は一切公表いたしません。
  • ご意見に対する個別の回答はいたしません。


Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)