トップページ > FAQ(よくある質問) > 国保年金課 > 隣の家の犬にかまれました。治療費に国民健康保険を使えますか。

隣の家の犬にかまれました。治療費に国民健康保険を使えますか。

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月27日

交通事故と同様に、「第三者行為によるけがや病気」の扱いとなり、第三者から傷病を受けた場合でも国民健康保険の被保険者証で治療を受けることはできますが、医療費は加害者が全額負担するのが原則です。

この場合、国民健康保険で加入者の医療費を一時的に立て替え、国民健康保険は被害者に代わって治療費を第三者に請求することになります。

このような第三者行為が原因のけがや病気で国民健康保険を使うときは、必ず国保年金課の窓口へ届出てください。