トップページ > FAQ(よくある質問) > 収税課 > 災害、失業、廃業等で、税金の納付が困難です。どうしたらいいですか。

災害、失業、廃業等で、税金の納付が困難です。どうしたらいいですか。

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年4月2日

まずはご相談ください。

 納税が困難になったときは、そのままにしておくと延滞金がついてしまうばかりでなく、滞納処分(差押)になってしまうこともあります。
 災害や病気、事業の廃止等、様々な事情により納付が困難な場合には、職員がご事情を伺い、納税の分割・猶予などについて相談をお受けします。
 納税の猶予も法律(地方税法)に基づいた行為です。相談の際に納付が困難である理由を証明する資料をお持ちになりご相談ください。
 納税相談は平日の午前8時半から午後5時まで受け付けています。

 また、平日での相談が困難な方は、月に一度休日に窓口を開設していますのでご利用ください。
 休日納税相談窓口のご案内はこちら
 なお、待ち時間が少なく済むように事前のご連絡をお願いいたします。